本文へジャンプ

制作事例

アーカイブ

ラベル

5枚複写の発色を検証 実例ご紹介  e伝票.com

5枚組で使用すると、下までちゃんと発色する? そんなご不安への「実験」結果ご紹介です

2016年8月1日 月曜日

久々の更新です。よろしくお願いします。

 

今日は、「5枚複写の実情を語る」と申しましょうか、ご不安解消のために1例を。

 

「5枚も重ねて書いたら、下までちゃんと写らないのでは?」とご不安な場合もあるかと思います。

ひいては、「実際に購入してみて、思うように使えなかったら困るな」「紙サンプルを取り寄せてみようか・・・」と、多くのお悩み・お手数をおかけすることにもなりかねません。

 

そこで、せっかくなのでこのスペースをお借りして、5枚複写の実例サンプルを使って書き込みをした紙面をご紹介します。

 

掲載画面は、5枚目(ノーカーボン40・下用紙)に反映された様子です。

この5枚複写セットは、5枚ともノーカーボン40白を使用しています。

1段目「小倉印刷」はHB鉛筆
?2
段目「姫路市花田町」は油性ゲルインキボールペン

3段目「079-252-6375」はペン先の堅いボールペンで

筆圧はやや軽めに 書いてみました。

 

ご覧のとおり、ペン先の堅い筆記具で記入するほうが、発色は鮮明になります。

5枚複写ともなると、少々強めに書き込んでいただく傾向にありますので、実際にはもう少ししっかりと筆圧がかかり、発色もよいと思われます。

当然これより上の用紙については、十分な発色で判読も容易です。

 

なお、ノーカーボン紙の発色は、書いた直後は薄く感じられますが、5分程度経つと鮮明になります。また、書いた後に5分そのままにしておく必要はなく、書いてすぐに各用紙を外していただいてOKです。

 

これからも機会を設けて、素材や事例をご紹介していきます。

伝票に関して「?」と思われることがありましたら、ドンドンご意見をお寄せください。

お寄せいただいた情報を最優先にご紹介するとともに、ご提案くださった方に当社オリジナルメモを差し上げます!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


伝票印刷のお見積もりはこちら>>

発色度の比較 上からHB鉛筆、油性ゲルインキボールペン。硬質ボールペンで筆記

ページトップへ