本文へジャンプ

制作事例

アーカイブ

ラベル

印刷の色を黒以外にしたらどんな感じ? 実際の刷り色をご紹介

紫 緑 青 の印刷色と濃さについて

2016年12月3日 土曜日

複写伝票の事務的な書類は、大方ほとんどがオーソドックスな「黒」刷りです。
e伝票.comへのご注文も、8~9割がた「黒」刷りです。
 
今日は、そんな中でも、別の色で印刷した帳票をご紹介します。
 
たとえば、「印刷の色を黒以外で選択すると、実際の色味がわからない・・・」など、ご不安をお抱えのお客様もいらっしゃるかと思います。
そんな時、私どもは実例を撮影して画像をメールでお送りしたり、現物見本を郵送したりといった方法で、御理解の一助を図るのですが、何かのきっかけでこの欄をご覧いただき、少しでも早くご参考になれば幸甚です。
 
紹介します事例は、「紫」「13草(緑)」「188紺藍(青)」の3種類です。いずれも、ノーカーボン#40白の表面に印刷した状態を3例並べています。
 
「13草」の事例では、単一色の印刷で濃淡をつけています。
項目枠の背景(項目名の文字が白く抜けている部分)の緑色は、100%の濃さではなく、濃度50%になっています。文字・罫線の部分と比較し、少し色味が薄くなっているのがお分かりいただけるでしょうか?
 
濃度100%のことを「ベタ」、濃度を薄くした部分を「網掛け」と呼び、インキの載る部分を「ドット」という点の集約密度の差により濃淡の表現をします。
ルーペ(拡大鏡)でのぞくと、印刷が「ベタ」の部分はまさに「べったり」、「網掛け」の部分は点の集まりが規則正しく並んでいる状態なのが分かります。
世間一般に目にする印刷物、チラシや新聞の写真なども、一度ルーペでのぞいてみてください。面白い世界が広がります。
 
単一色での印刷も、色や濃度で多彩な表現が可能なこと、また、逆に表現に制約が生じる点なども、これからいろいろお伝えしてまいります。どうぞよろしく!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


伝票印刷のお見積もりはこちら>>

印刷の色を 紫 緑 青 にした事例

ページトップへ