本文へジャンプ

制作事例

「セット」と「製本」の違い解説|e伝票.com

2017年3月17日 金曜日

私どものサイトから御注文いただく際のお問い合わせで、比較的多いのが、
「仕上げ方法」
についてのご質問です。
この機に、仕上がりの外観を撮影した見本をご紹介しましょう。
 
まず、「(針金)綴じ製本」をご説明します。
複写1組を50組分で冊にまとめ、針金で2か所をホチキス止めして、黒の背テープで巻込んでいます。針金で綴じていますので、綴じしろの部分が冊に残ります。当然、取り外すための紙にはミシン目が入ります。
たとえば、領収証ですと、1枚目が控えとして冊に残り、2枚目の本体部分がお客様へのお渡し用として、ミシン目で切り外せます。
 
一方、「ブロック糊製本」は、紙の端(辺)部分で糊固めしていますので、表紙をめくった付け根から、複写の1組分ずつを冊から取り外せる形です。
全ての紙がすっかり外せますから、契約書綴りや送付書などに向いています。
冊から取り外した複写の1組分は、すなわち「セット糊」仕上げの状態と同じです。ただし、冊状態の〝塊″から引きはがすときの張力で、糊固め部分にしわが出ることがありますので、1組分の複写の組枚数が多いときなどには、後にご紹介する「セット糊」の方が扱いやすい場合もあります。
 
「セット糊」は、複写1組分の状態で糊固めされた形式です。
50組分での冊状態に仕上げる、先述のブロック糊製本とは異なり、1組ごとに独立しています。このタイプは受付票や受講・購入申込書などに向いています。
表紙・底表紙がないので、一定の束で紙帯をかけて、複写紙を保護するための厚板を天面に載せ、包装してお届けします。
 
冊仕上げでも「綴じ」「と「糊」との違い、糊固めでも「ブロック糊製本」と「セット糊」との違いがあり、どのように選択したらよいか判断に迷われる場面があるかもしれません。
お客様のイメージされる、ご使用の目的や場面に応じて、こちらから仕様をご提案させていただくこともできます。
ウェブサイト上でのご説明が至らない点、ご理解しづらい表現箇所などは、
メール(info@e-denpyou.com )・FAX(079-253-7376)・フリーダイヤル(0120-882-805)
まで、ドンドンご質問いただければ幸甚です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

針金綴じ製本 黒テープ部分の下にホチキス止めされています

ブロック糊製本 3枚1組を50組で冊にしたサンプルです

セット糊 1組分で1辺が糊付けされています

ページトップへ

【全1件 1/1ページ目 1件表示しています。】