本文へジャンプ

制作事例

印刷の色を黒以外にしたらどんな感じ? 実際の刷り色をご紹介

紫 緑 青 の印刷色と濃さについて

2016年12月3日 土曜日

複写伝票の事務的な書類は、大方ほとんどがオーソドックスな「黒」刷りです。
e伝票.comへのご注文も、8~9割がた「黒」刷りです。
 
今日は、そんな中でも、別の色で印刷した帳票をご紹介します。
 
たとえば、「印刷の色を黒以外で選択すると、実際の色味がわからない・・・」など、ご不安をお抱えのお客様もいらっしゃるかと思います。
そんな時、私どもは実例を撮影して画像をメールでお送りしたり、現物見本を郵送したりといった方法で、御理解の一助を図るのですが、何かのきっかけでこの欄をご覧いただき、少しでも早くご参考になれば幸甚です。
 
紹介します事例は、「紫」「13草(緑)」「188紺藍(青)」の3種類です。いずれも、ノーカーボン#40白の表面に印刷した状態を3例並べています。
 
「13草」の事例では、単一色の印刷で濃淡をつけています。
項目枠の背景(項目名の文字が白く抜けている部分)の緑色は、100%の濃さではなく、濃度50%になっています。文字・罫線の部分と比較し、少し色味が薄くなっているのがお分かりいただけるでしょうか?
 
濃度100%のことを「ベタ」、濃度を薄くした部分を「網掛け」と呼び、インキの載る部分を「ドット」という点の集約密度の差により濃淡の表現をします。
ルーペ(拡大鏡)でのぞくと、印刷が「ベタ」の部分はまさに「べったり」、「網掛け」の部分は点の集まりが規則正しく並んでいる状態なのが分かります。
世間一般に目にする印刷物、チラシや新聞の写真なども、一度ルーペでのぞいてみてください。面白い世界が広がります。
 
単一色での印刷も、色や濃度で多彩な表現が可能なこと、また、逆に表現に制約が生じる点なども、これからいろいろお伝えしてまいります。どうぞよろしく!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

印刷の色を 紫 緑 青 にした事例

ページトップへ

ノーカーボン紙 厚みの違いをご覧ください|e伝票.com

ノーカーボン紙(白)の厚みご紹介 領収証には厚い紙が標準です

2016年3月4日 金曜日

今日は、印刷の制作実績というより、紙厚をご覧いただきましょう。
 
「ネットからでは、印刷見本も見ないまま注文するのが不安・・・」
「商品が届いてみたら、思っていたより紙が薄地だった。残念・・・」
 
そんなご不便・ご不満を解消するために、紙の質感をお伝えする方法はないものかと試行錯誤していましたら、今日の仕上がり品の透け具合からピン!ときました。
 
裏から撮影してみたら、意外とわかる!
 
左から順に
 ノーカーボン下用紙 #40 #50 #60 #80 #100  となります。
 
 印刷は、表面に黒を刷っています。裏面に透けて見える感じで、多少なりとも「紙厚」についてご理解いただけるのではないでしょうか。
 ちなみに、当社のお作りする「領収証」は、先方様にお渡しする側の紙を「#80」標準としています。
領収書【複写式】名入れ印刷」でご紹介している領収書たちは、すべて下用紙が#80(クリーム色も同様)です。お客様にお渡しになる本体側は、薄い紙でなく、しっかりとした厚みのある紙を用いるべきと考えるからです。
 もちろん、ご指定に応じて、他の紙厚にてご用意することも可能です。
 
紙のバリエーションについては「よくあるご質問」または「お役立ち情報>ノーカーボン紙の構造と発色」を参考にしていただけると幸甚です。
 
なお、別途お見積りになりますが、名入れ印刷の規格デザイン・紙質・枚数から派生・変更しての作成もお請けできますので、何なりとご相談ください。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~紙質
1月29日付 制作実績「すべて中紙の伝票 書き写る枚数を自由に選べる」

左から順に ノーカーボン下用紙40、50、60、80、100

ページトップへ

複写しない部分(減感)の指定も様々に|e伝票.com

3枚複写の2枚目への複写を飛ばして、3枚目にだけ複写が写る例

2016年2月29日 月曜日

「部分的に複写が反映されないようにする『減感』って、下側の紙にしか無理よね?上から書き込んだものがそのまま下に複写されて、途中から下は複写されないってことでしょ?」とお思いではありませんか?
 
ご紹介の事例は、3枚複写のうち、真ん中の2枚目に対し減感加工を施したパターンです。
1枚目に書き込んだ文字が、2枚目を飛ばして3枚目に反映されています。
 
 一般の文房具店や100円ショップなどで扱っている会計票や領収証なら、あまり減感加工を見ることはありませんね。
けれど、契約書、申込書、受領書といった、個人情報や金額内訳欄が写っては困る複写伝票も意外と多いのです。
 
減感位置についても、どこをどのように映らなくするか、特に初めてのご注文の方には戸惑いもあるでしょう。
私どもは、「減感加工あり」とご注文をいただけば、即座に「この伝票をお使いのお客様は、どこを映らなくさせたいと考えていらっしゃるか?」を見極め、作成原稿にてご提示します。記入されるであろう範囲をしっかり覆うように、十分な大きさを考慮します。
 
ときには、「減感加工」をご指示でないお客様に対してさえ、「この部分は複写が写っても大丈夫ですか?」とお話しし、オプションの有無を確認することもあります。
 
「e伝票.comって、おせっかいな会社だなぁ」とお思いいただければ逆に嬉しいです。
原稿・仕様をお決めいただくまでの過程を丁寧に確認し、お客様・ご注文主様と我々とが共通認識で作業を進めることが、ご満足いただける商品への近道です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~減感
2月19日付 制作実績「部分的な複写防止に 『減感』加工のご紹介」

中の紙(アサギ)のみ複写されない3枚複写の伝票 ※裏面に印刷した約款の文字透けを画像処理しています

ページトップへ

複写の上側を切り取る仕様 カスタマイズも自在|e伝票.com

切り取りミシンってどう伝えたらいいの?そんな疑問にお答えします

2016年2月22日 月曜日

綴じ仕上げの複写伝票は、冊として綴じている1冊から、記入するごとに切り離してお客様に渡したり、違う担当部署に回したりという使い方をしますよね。

たとえば、領収証の場合は、手書きする当方側に控えが残り、複写された本体側をお客様に渡す。たまには、間に入金票などが挟まって、入金票も合わせてちぎって経理課等に配布するという使い方が一般的です。

したがって、当社のホームページから製本仕様をお選びいただく際にも「1枚目を残して(ミシンを)入れる」「(複写のセット」全部に入れる」の2パターンを提示しております。

ですが、中には「上側に入れて、下の複写側は冊のほうに残したい」というご希望もあります。その例が今日のご紹介品。

申請者が1枚目に記入し、記入側を提出。控えが下側となり、冊ごと申請ご本人が管理する仕組みです。複写側でなく、直筆した記入側が提出用になっているのも大事なところ。
申請を預かる側は、申請者本人の筆跡であることを常時確認できます。
 
 このような、私どもが提示している選択肢とは少しでも異なる点がある場合、ご注文の際にはご不安を与えてしまっているかもしれません。何か疑問に思われる点がありましたら、いつでもご連絡くださいね。
 
お電話での問い合わせももちろんOKですし、メールで24時間いつでもお問合せいただけます(メールの開封・お返事は翌日以降になる場合がありますがご了承ください)。
 ご注文フォームの「備考」欄に、リクエスト事項をご記入いただいても結構です。
1Click見積りの金額をご入金いただく前に、お見積りご依頼いただければ、正確に金額をご報告できますので、お気軽にご利用ください。ぜひお待ちしています。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ミシン
2月17日付 制作実績「オリジナル複写伝票はミシン入れ位置も自在です」

手書きの1枚目を申請用に提出するため、1枚目に切り取りミシンが入るパターンです

ページトップへ

【全4件 1/1ページ目 4件表示しています。】