本文へジャンプ

制作事例

「巻下敷」の活躍舞台|e伝票.com

「巻下敷」は必要?どんな時に使う? と迷われたら

2017年4月19日 水曜日

オリジナル複写伝票のオプションの一つとしてご紹介している「巻下敷」について、今日は詳しくご説明しましょう。
 
「巻下敷」とは、伝票1冊ごとに底側に綴じ付けた、折り返し付の厚板紙のことです。
私どもでは、片面に白塗工した「ボール紙」を使用しています。裏側の面はグレーで、このグレーの面が、折込まれる内面になります。色味や質感は、お菓子の箱の内側をイメージしていただければいいでしょう。厚みは、官製はがき2枚分程度。こつんとした硬さがあります。
筆記時の複写が、下に続く紙へひびかないようにするための下敷ですので、基本的には「複写」伝票に用いるものです。したがって、単票(1枚物)の伝票類には、通常は用いない形式です。ただ、単票物でも、筆圧が下の紙に残らないよう、巻下敷を希望されるパターンも稀にあります。
 
巻込み式の下敷が、1冊ごとに綴じ付けられていることのメリットは
・屋外や、机の無い場所などで、立ったままでも書きやすい
・下敷きをなくす、傷めるといった心配がない
・直接指導の届かない社員、スタッフさんにも、下敷を敷いて書くルールを徹底できる
などがあります。
 
巻下敷のオプションを希望されないお客様にも、複写伝票(製本型)につきましては、同じ厚紙で作製した「下敷用台紙」を5冊に1枚程度(最大10枚まで)お付けしておりますので、ご利用いただければ幸いです。
 
伝票を作成するための「材料」「技術」「人材」も、お客様から日々学んでいる「知識」「知恵」「経験」も、皆様のお手元に届ける商品とともにお伝えできるよう、頑張ってまいります。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください。

手でめくっているのが表紙、右側からかぶっているのが「巻下敷」です

ページトップへ

印刷物注文の「悩みあるある」|e伝票.com

印刷物の発注で「困った」にぶつかったら・・・処方箋はe伝票.com

2017年1月26日 木曜日

こんなこと、経験ないですか?

 ・近くに印刷会社もないし、営業時間帯に印刷会社を訪ねるのも、営業さんに来てもらって時間を合せるのも、何かと面倒…。
 
・いつも来てくれていた印刷会社の営業さんが、担当エリアが変わってなかなか寄ってくれないし、対応が冷たくなって頼みにくい…。
 
・せっかく懇意にしていた印刷屋さんが、後継者がいないとの理由で廃業された。他を紹介してくれそうもないし、これからはどこに頼めばいいのか困った…。
 
・新しい印刷物を考えているけれど、ネット検索で見つかるサイトは、注文への決まり事がややこしくて難しい。「データ入稿」って、「イラストレータ」が使えないとダメなの?それじゃあ敷居が高いな…。
 
こんなお悩みごとが一つでも当てはまるアナタ!
よくぞ、当サイトに巡り合ってくださいました!
お困りごとがあれば、どんな一言からでも結構です。お電話下さい。メール下さい。FAX、モチロンお待ちしています!
 
・数が決まっていない
・サイズも特に決まっていない
・データをどうやって作ればいいのかわからない
・今ある伝票を同じように作ってもらう方法がわからない
など、お考えがまとまっていなくても結構です。
まずは、「どんな印刷物を希望しているか」「どんな場面で使用するのか」といったことから、お話しできればうれしいです。
 
印刷の色や紙の色も、比較していただける写真画像をメールでお送りしたり、紙サンプルを事前にお送りしたりと、リクエストにお応えする引き出しはたくさんあります。
 
Q&Aではご説明不足のこともありますし、まだまだ発展途上のサイトです。お客さまの「困った」「わからない」のお声が、新しい提案やご案内の基礎になると信じています。いろんなことを教えてください。e伝票.comは、きっとお応え致します。複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

橙系のインキ色見本をご提案 撮影画像をメールで送ります

ページトップへ

マルチプリンタ用紙の紙質とプリンターとの関係|e伝票.com

プリンタで印字する紙にも適性があります

2016年12月28日 水曜日

プリンタ出力に際して、紙詰まり、重送、カール(丸まり)といったトラブルを抱えていませんか?

「NIP(Not Impact Printerの略。※)対応上質紙」なら、プリンタ対応の専用紙ですので、先述の3大トラブルもなく紙通りがスムーズ!
この上質紙は、プリンタの熱による水分蒸発を予め考慮しており、紙の水分量を減らして作製されているので、水分が飛ぶことによる縮みがなく、紙のカールを防いでくれます。
紙の白さを表す「白色度」は約83%。高級感のある白さと、コシの強さ、手触りのなめらかさで定評のある紙質です。
 
当社のミシン入り用紙(マルチプリンタ用紙)は、上記の特性を備えていますので、サクサクと出力でき、オフィスの作業もスムーズ。

※NIP=Not Impact Printer(ノット・インパクト・プリンター)の略号。これに対して、Dot Impact Printer(ドット・インパクト・プリンター、ドットプリンターとも呼ぶ)があります。
ノット・インパクト・プリンターは、日本語に訳せば、「(文字を)刻印しない印刷機」。つまり、インクトナーを吹き付けるインクジェットプリンターや、トナーを熱で定着させるレーザープリンターを指します。
一方、ドットプリンターは、印字ヘッドをインクリボンにたたきつける圧力により文字の型(跡)をつけて印刷します。以前よく見られたタイプライターやワードプロセッサーの形式ですね。今は、複写式連続帳票の出力などによく使われています。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ページトップへ

複写伝票の「発色」を詳しくご紹介 |e伝票.com

ノーカーボンの発色 青と黒 違いと特徴をご確認ください

2016年10月5日 水曜日

「紙の色」「印刷の色」というと、普段は印刷と無縁の方でも、何を意味するかはお分かりだと思います。
ところが、「発色」という表現になると、ご説明が必要なことがあります。
 
複写用感圧紙(ノーカーボン)は、上用紙・(複写枚数が多いときは間に中用紙)・下用紙を重ねて上から書くと、下に続く紙が筆圧により反応して発色します。この「発色の色」は、「青」が主流ですが、まれに「黒」の場合もあります。
 
「黒」は市場でも稀な方で、マーケティングが小さいためもあってか、紙そのものが割高です。(特別な事情がない限り、発色が青で事足りるなら、高い紙にしなくてもいいという心理が働くのでしょうか・・・。黒発色の需要が少ないのは。)
 
「黒発色」の紙は、上用紙・中用紙の白紙のみ・厚みは#30と#40のみと種類も限られます。
「発色」は、上に重ねている紙の裏面に塗布された発色基剤によって決まるので、写真事例のような
上用紙・黒発色=紙の色:白のみ
中用紙=紙色:カラー
下用紙=紙色:白
となった3枚複写は、中用紙が「黒」で発色、下用紙が「青」で発色するのです。

(ノーカーボン紙の発色の仕組みにつて、詳しくはHPの「お役立ち情報」をご覧ください。)

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

左から 上用紙(白)に筆記、中用紙(クリーム)が黒発色、下用紙(白)が青発色の事例

ページトップへ

複写の1組と表紙をセットできる? e伝票.com

複写4枚セットに表紙を付けた、5枚1組の契約書

2016年8月8日 月曜日

今日は、複写用紙4枚セットに表紙(上質紙)を付けた「契約書」のご紹介です。

 

よくご質問いただくことの1つに

「複写セットの上(または下)に、複写しない紙を表紙(説明書)として付けたいのですが、できますか?」という件があります。

 

もちろん、作成可能です。

複写用の感圧紙は、特殊なセット糊で上用紙・中用紙・下用紙がお互いに貼りつくようになります。

そこへ、複写と関係ない上質紙をつける際には、複写セットと上質紙がくっ付き合うようにするため、さらにボンド糊を施します。

これで、複写セット+上質紙の1組がきれいに仕上がるかというと、そうはならないのですね。

これですと、紙の重なりがすべて団子状態になってしまうのです。

 

その団子状態を回避し、1組ずつにさばけるようにするには、印刷の段階で「セパレート」という〝魔法″をかける必要があります。

組で別れるべき1番上(または下)の紙に、幅3mmほどで細く透明インキを刷り込みます。

これがいわゆる「ロウ」の役目をし、糊で団子になるのを防ぐという仕事をします。

(仕上がり品には、透明で目立たないですが糊の辺側に細く光るラインが認められます。)

 

こうした「表紙」が付きますと、複写用感圧紙の保護にもなり、保管性が向上しますし、格調のある趣です。

あるいは、複写の1番下の紙と、底につけた説明書とを一緒にお客様にお渡しできるように工夫された契約書等もあります。

 

こうしたリクエストにもお答えできますので、いろいろな技法や紙の特徴についてドンドンご紹介していきたいと思います。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

1番上の紙は複写しない「上質紙」で1組に対する表紙になっています

ページトップへ

【全15件 1/3ページ目 5件表示しています。】

123次のページへ