本文へジャンプ

制作事例

細かい気配りの行き届いたチェックインシート|e伝票.com

こんな仕様にも対応します サイズ違いの紙面や穴、減感の配慮

2016年12月20日 火曜日

今日ご紹介するのは、京都の老舗旅館でお使いの「チェックインシート」です。
 
仕様は、2枚セット糊で、1枚目がA5サイズ横型、2枚目がA4サイズ縦型と、2枚のサイズ違いがある複写伝票です。しかも、1枚目のみ左に2穴あいています。
 
この仕上がりは、お客様にお渡しする側に不要な穴が開かないよう配慮され、フロント側にはファイリングしやすい2穴付き。これって、なかなかの細かい気配りですよね。
(今回、伝票のご注文をいただく際、現状の仕様を伺い、とても感心致しました。作成には通常よりも少々手間暇のいる作業ですが、長く快適にお使いいただくため、弊社ではこうした仕様にもきめ細かく対応しています。)
 
宿泊のお客様がチェックイン時にお客様情報を記入し、1枚目には夕・朝食の時間も書き込まれて、フロントに渡されます。2枚めのクリーム色の紙は、お客様の手元に残り、宿泊並びに観光に関するご案内事項が一覧できるようになっています。
 
そしてさらに心憎い点があります。
クリーム色のA4台紙は、裏面にお客様アンケートの記入欄があり、チェックアウト時に「お客様からの声」を旅館側に残していただける仕組み。
左上に記入される「お名前」と「部屋番号」は、記入された内容が複写されていますが、右上エリアの「ご住所・お電話番号」は、下に減感加工が施されているので、不用意に個人情報が外部に漏れないように配慮されています。
 
こういった、お客様との交流が紙面に残るという喜びを、私どもe伝票.com」がお手伝いできますことも、振り返ればとても光栄なことです。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

1枚目がA5、2枚目がA4サイズのチェックインシート

ページトップへ

複写用感圧紙はシールタイプも活躍します|e伝票.com

裏面がシールの複写伝票

2016年9月26日 月曜日

本日のご紹介品は、3枚複写B6横型の「廃棄依頼票」です。
3枚目の裏面がシールになっており、3枚目の裏面をめくって、廃棄書類の段ボール箱に貼り付けられる仕様です。
他にも、医療機関での検体ラベルや修理品受付票など、特定の1つの個体が多くの人の手を通る場合によく使われています。

タックシールタイプの感圧紙は、下用紙#50白と#80白の2種類。通常、私どもが標準としている#40感圧紙よりも厚めです。もちろん、普通の感圧紙と同様の印刷・製本が可能です。

今回の商品は、紙面の中心に縦1本スリットが入っているので、真ん中で割って剥離紙をめくりやすいという点も特長の一つです。
 
こういった、ホームページ上で掲載しきれない特殊な例も、長年のお付き合いの中で商品化の機会を得、このように皆さまにご紹介させていただくことができます。
 
「紙」と「版」と「インキ」のバリエーションは種類も多く、伝票印刷の世界も幅広く、奥深いものがあります。ホームページ上のご紹介範囲では実現しない仕様でも、あきらめずにお問い合わせください。
あなたの「こんなことできる?」の一言が、新しい世界を作り出すかもしれませんよ。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

3枚複写のB6型伝票 右上には大きいサイズのナンバー入り

裏からの撮影 中心にスリット1本入りのシールです

ページトップへ

紙の長さが違う3枚セットの伝票|e伝票.com

複写の1組の中に長さ違いの紙が挟まる伝票

2016年8月30日 火曜日

写真の複写伝票は、中古車販売店様の納車書です。

1枚目と3枚目はB5サイズ、中に挟まった2枚目はB6サイズ。左端の辺で糊留めしています。

紙の1辺でそろえたときに裾の長さが違うものは、製本作業にひと工夫が必要なので、

通常の「3枚複写・B5」というカテゴリよりも制約が多く、見積額が変動することもあります。

 

たいていのお客様は「ちょっと普通と違うのだけれど、こんなのもできる?」と、事前にお問い合わせくださいます。ありがとうございます。

 

「今使っている通りにしたいが、同じものを作ってくれるところが見つからない」

「こんな風に作り替えたい!とは思うけれど、そんな伝票見たことないし、頼めるかな・・・」

 

もし、そのようなご不便やご不安がおありでしたら、どんなことでもまずは私どもe伝票.comにご相談ください。見積だけでもご遠慮なく!

 

皆様のお声が、アイデアや技術を生み、私どもも勉強になり、力になります。そうした実績が、ご提案への推進力となり、このようなご紹介事例となって、皆様へお返しできます。

(もちろん、一つ一つ違う伝票をお作りするわけですから、どれも一つ一つが実績の積み重ねなのは言うまでもありません。)

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

3枚のうち中の紙だけ半分のサイズです

ページトップへ

複写の1組と表紙をセットできる? e伝票.com

複写4枚セットに表紙を付けた、5枚1組の契約書

2016年8月8日 月曜日

今日は、複写用紙4枚セットに表紙(上質紙)を付けた「契約書」のご紹介です。

 

よくご質問いただくことの1つに

「複写セットの上(または下)に、複写しない紙を表紙(説明書)として付けたいのですが、できますか?」という件があります。

 

もちろん、作成可能です。

複写用の感圧紙は、特殊なセット糊で上用紙・中用紙・下用紙がお互いに貼りつくようになります。

そこへ、複写と関係ない上質紙をつける際には、複写セットと上質紙がくっ付き合うようにするため、さらにボンド糊を施します。

これで、複写セット+上質紙の1組がきれいに仕上がるかというと、そうはならないのですね。

これですと、紙の重なりがすべて団子状態になってしまうのです。

 

その団子状態を回避し、1組ずつにさばけるようにするには、印刷の段階で「セパレート」という〝魔法″をかける必要があります。

組で別れるべき1番上(または下)の紙に、幅3mmほどで細く透明インキを刷り込みます。

これがいわゆる「ロウ」の役目をし、糊で団子になるのを防ぐという仕事をします。

(仕上がり品には、透明で目立たないですが糊の辺側に細く光るラインが認められます。)

 

こうした「表紙」が付きますと、複写用感圧紙の保護にもなり、保管性が向上しますし、格調のある趣です。

あるいは、複写の1番下の紙と、底につけた説明書とを一緒にお客様にお渡しできるように工夫された契約書等もあります。

 

こうしたリクエストにもお答えできますので、いろいろな技法や紙の特徴についてドンドンご紹介していきたいと思います。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

1番上の紙は複写しない「上質紙」で1組に対する表紙になっています

ページトップへ

5枚複写の発色を検証 実例ご紹介  e伝票.com

5枚組で使用すると、下までちゃんと発色する? そんなご不安への「実験」結果ご紹介です

2016年8月1日 月曜日

久々の更新です。よろしくお願いします。

 

今日は、「5枚複写の実情を語る」と申しましょうか、ご不安解消のために1例を。

 

「5枚も重ねて書いたら、下までちゃんと写らないのでは?」とご不安な場合もあるかと思います。

ひいては、「実際に購入してみて、思うように使えなかったら困るな」「紙サンプルを取り寄せてみようか・・・」と、多くのお悩み・お手数をおかけすることにもなりかねません。

 

そこで、せっかくなのでこのスペースをお借りして、5枚複写の実例サンプルを使って書き込みをした紙面をご紹介します。

 

掲載画面は、5枚目(ノーカーボン40・下用紙)に反映された様子です。

この5枚複写セットは、5枚ともノーカーボン40白を使用しています。

1段目「小倉印刷」はHB鉛筆
?2
段目「姫路市花田町」は油性ゲルインキボールペン

3段目「079-252-6375」はペン先の堅いボールペンで

筆圧はやや軽めに 書いてみました。

 

ご覧のとおり、ペン先の堅い筆記具で記入するほうが、発色は鮮明になります。

5枚複写ともなると、少々強めに書き込んでいただく傾向にありますので、実際にはもう少ししっかりと筆圧がかかり、発色もよいと思われます。

当然これより上の用紙については、十分な発色で判読も容易です。

 

なお、ノーカーボン紙の発色は、書いた直後は薄く感じられますが、5分程度経つと鮮明になります。また、書いた後に5分そのままにしておく必要はなく、書いてすぐに各用紙を外していただいてOKです。

 

これからも機会を設けて、素材や事例をご紹介していきます。

伝票に関して「?」と思われることがありましたら、ドンドンご意見をお寄せください。

お寄せいただいた情報を最優先にご紹介するとともに、ご提案くださった方【ブログ紹介時には個人を特定する情報は掲載いたしません】に当社オリジナルメモを差し上げます!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

発色度の比較 上からHB鉛筆、油性ゲルインキボールペン。硬質ボールペンで筆記

ページトップへ

【全6件 1/2ページ目 5件表示しています。】

12次のページへ