本文へジャンプ

制作事例

複写枚数は何枚まで可能? 6枚、7枚ありです|e伝票.com

6枚複写に表紙がついた、7枚組のエントリーシート|e伝票.com

2016年12月22日 木曜日

企業の求人に対し応募するための登録用紙「エントリーシート」をご紹介します。
 
なんと、6枚複写に表紙1枚が付いた、7枚組です。
複写の紙が6枚も重なりますと、筆圧が下まで届きにくく、発色が鮮明に出ない場合があるので、中の紙は特別に#30という、世間で最も薄い複写紙を採用しました。
 
複写伝票の作成には、通常は#40を用います。#40がもっとも市場規模が大きく、コスト面でも優秀な用紙です。複写帳票の用紙で、特段の断りがなければ、この#40白だと判断してほぼ間違いありません。
 
余談ですが、実は、#30は#40よりも薄いのに、割高なのですよ。
「紙が薄いなら、材料は少ないはずなのに、高いの?」と思われるかもしれませんね。薄く仕上げる分、製造工程に手間がかかること、市場が小さいために製造コストが割高につくこと、などが影響して、少々高くつくというのが真相です。
 
さて、ご紹介のエントリーシートに話を戻しましょう。
表紙には、個人情報の取り扱いに関する説明書が印刷されており、下に続く複写6枚セットは、1枚目が登録カード、2~6枚目の5枚分が企業訪問カードになっています。
1枚目の記入内容(アンケート部分)が、企業訪問カードに複写されても影響の無いよう、通常は減感加工を施すところを黒塗りにして、目立たないように工夫しています。
こうして、工程を減らし、早く安く仕上げることも。コストダウンの一助になっています。
エントリーコーナーに来場される求職者の方々の人数も、1イベントに対しては1日数百人規模ですので、作成部数が500セット、1000セットなどですと#30の紙代の差額は微小ですし、減感を省略するメリットと総合して、リーズナブルな商品に仕上がりました。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

複写の組枚数が4~6枚と多いエントリーカードも実例を多数いただいています

ページトップへ

印刷の色を黒以外にしたらどんな感じ? 実際の刷り色をご紹介

紫 緑 青 の印刷色と濃さについて

2016年12月3日 土曜日

複写伝票の事務的な書類は、大方ほとんどがオーソドックスな「黒」刷りです。
e伝票.comへのご注文も、8~9割がた「黒」刷りです。
 
今日は、そんな中でも、別の色で印刷した帳票をご紹介します。
 
たとえば、「印刷の色を黒以外で選択すると、実際の色味がわからない・・・」など、ご不安をお抱えのお客様もいらっしゃるかと思います。
そんな時、私どもは実例を撮影して画像をメールでお送りしたり、現物見本を郵送したりといった方法で、御理解の一助を図るのですが、何かのきっかけでこの欄をご覧いただき、少しでも早くご参考になれば幸甚です。
 
紹介します事例は、「紫」「13草(緑)」「188紺藍(青)」の3種類です。いずれも、ノーカーボン#40白の表面に印刷した状態を3例並べています。
 
「13草」の事例では、単一色の印刷で濃淡をつけています。
項目枠の背景(項目名の文字が白く抜けている部分)の緑色は、100%の濃さではなく、濃度50%になっています。文字・罫線の部分と比較し、少し色味が薄くなっているのがお分かりいただけるでしょうか?
 
濃度100%のことを「ベタ」、濃度を薄くした部分を「網掛け」と呼び、インキの載る部分を「ドット」という点の集約密度の差により濃淡の表現をします。
ルーペ(拡大鏡)でのぞくと、印刷が「ベタ」の部分はまさに「べったり」、「網掛け」の部分は点の集まりが規則正しく並んでいる状態なのが分かります。
世間一般に目にする印刷物、チラシや新聞の写真なども、一度ルーペでのぞいてみてください。面白い世界が広がります。
 
単一色での印刷も、色や濃度で多彩な表現が可能なこと、また、逆に表現に制約が生じる点なども、これからいろいろお伝えしてまいります。どうぞよろしく!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

印刷の色を 紫 緑 青 にした事例

ページトップへ

5枚複写ナンバーとミシン、5枚複写に両面刷り|e伝票.com

印刷スタッフが泣いて喜ぶ、技術多彩な5枚複写伝票のご紹介。

2016年3月3日 木曜日

1例目は、B5版横型の5枚複写。
左端の辺で5枚ともミシンで切り取り、さらにその1件の伝票を中心で2つに切れるミシンが入ります。ミシンで切り離す両片に識別ナンバー入り。刷り色は1色(紺)ですが、印刷内容は各枚ごとに違うため、版を切り替えながら印刷を進めます。
 
我らが伝票用印刷機は、複写伝票印刷に特化したハシモト製JMが3台。ナンバリング、ミシン入れもワンパスで入る優れものです。工程をまとめられるため、コストを抑えることができ、お客様に価格で還元できるという強みがあります。
 
 
2例目は、当社HPではご紹介しきれない、両面印刷を含む5枚複写。さらにご紹介しきれない、2色刷り。
版は総数で8枚使用するツワモノです。
 
両面印刷の際には、表面にたいして多少なりとも透けて見える、裏面の印刷にも気を配ります。
印刷面が左右に偏っていないか。穴位置に対して十分な余白があるか。文字の行間や罫線が、表面の判読に邪魔にならないよう配慮されているか。
 
もちろん、校正の段階で十分に確認してから版出力しますので、トンボ通りに印刷すれば原稿の表裏もそのまま仕上がって当然と言いたいところなのですが、紙の特性や印刷機の圧力による伸びなどの影響で、実際の印刷時にも人間の手による微調整を加えないと、本当に見やすい(=使いやすい)伝票には仕上がりません。
 
 たんなる無地の紙が、皆様の会社のオリジナルの伝票となっていくさまは、「産みの苦しみ」ならぬ「楽しみ」として、現場を活気づかせます。
皆様、いつもありがとうございます。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~印刷・刷り色
2月23日付 制作実績「部分的に入る『赤』が効果的な4枚複写伝票」
2月10日付 制作実績「特別な色、継続したい色に合わせます」
2月2日付 制作実績「オプションの1例 裏面にも印刷可能です」

~関連記事~ナンバー、ナンバリング
3月8日付 制作実績「ナンバリングのあれこれ」

5枚複写、ナンバー・ミシン入り

5枚複写、1・2p両面2色刷り

ページトップへ

紙の色替えと刷り色替え、どちらがいい?|e伝票.com

印刷内容(版)を替えるよりもお得な、紙色替の手段によるメリットご紹介

2016年2月24日 水曜日

今日のご紹介品は、印刷内容が複写の3枚ともすべて同じで、紙色を①白、②アサギ、③ピンク に替えた伝票です。
配布先の3か所別に、一定の紙色を決めておけば、「①店舗控え②配送担当者控え③お客様控え」のように版を替えることなく一目で識別できます。(もちろん、各複写の紙ごとに配布先別項目名を①~、②~、③~ とお入れすれば、より確実です。)
 
実は、一般的には、印刷内容を変えるよりも、統一した内容で紙色を違えて印刷・製本したほうが、コストを抑えられる、というメリットがあります。
また、紙に色が入ることで、白紙とは区別されやすく、先方様にも「ピンクの紙でお渡ししております何々~」とご説明しやすいといった差別化も図れますね。
ですので、記載内容に隔たりがなく、配布先別の項目を区別する印刷内容を入れずとも、スタッフやお客様に誤解のない手配(システム)があれば、紙色別の管理という手法が有効なのです。
 
(内輪話で恐縮ですが)私どもの社内でも、伝言メモや発注書、領収証など、社用事務で使用している複写伝票は、版内容はそのままに、紙色を替えて「控え」と「本体」として区別しています。

お使いになるシーンを思い浮かべて、「印刷内容を考える」「複写枚数を考える」「紙色を替える必要性・メリットを考える」といった1からの作業を、我々e伝票.comスタッフとご一緒に進めていきませんか。御社のお役立ちのために、私どもはワクワクしてお待ちしています。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~
・2月12日付 制作実績「紙色違いと刷り色違い」
1月20日付 制作実績「カラフルなノーカーボン紙を使った複写伝票」

印刷内容すべて同じまま、紙色を替えた3枚複写伝票

ページトップへ

複写の上側を切り取る仕様 カスタマイズも自在|e伝票.com

切り取りミシンってどう伝えたらいいの?そんな疑問にお答えします

2016年2月22日 月曜日

綴じ仕上げの複写伝票は、冊として綴じている1冊から、記入するごとに切り離してお客様に渡したり、違う担当部署に回したりという使い方をしますよね。

たとえば、領収証の場合は、手書きする当方側に控えが残り、複写された本体側をお客様に渡す。たまには、間に入金票などが挟まって、入金票も合わせてちぎって経理課等に配布するという使い方が一般的です。

したがって、当社のホームページから製本仕様をお選びいただく際にも「1枚目を残して(ミシンを)入れる」「(複写のセット」全部に入れる」の2パターンを提示しております。

ですが、中には「上側に入れて、下の複写側は冊のほうに残したい」というご希望もあります。その例が今日のご紹介品。

申請者が1枚目に記入し、記入側を提出。控えが下側となり、冊ごと申請ご本人が管理する仕組みです。複写側でなく、直筆した記入側が提出用になっているのも大事なところ。
申請を預かる側は、申請者本人の筆跡であることを常時確認できます。
 
 このような、私どもが提示している選択肢とは少しでも異なる点がある場合、ご注文の際にはご不安を与えてしまっているかもしれません。何か疑問に思われる点がありましたら、いつでもご連絡くださいね。
 
お電話での問い合わせももちろんOKですし、メールで24時間いつでもお問合せいただけます(メールの開封・お返事は翌日以降になる場合がありますがご了承ください)。
 ご注文フォームの「備考」欄に、リクエスト事項をご記入いただいても結構です。
1Click見積りの金額をご入金いただく前に、お見積りご依頼いただければ、正確に金額をご報告できますので、お気軽にご利用ください。ぜひお待ちしています。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ミシン
2月17日付 制作実績「オリジナル複写伝票はミシン入れ位置も自在です」

手書きの1枚目を申請用に提出するため、1枚目に切り取りミシンが入るパターンです

ページトップへ

【全8件 1/2ページ目 5件表示しています。】

12次のページへ