本文へジャンプ

制作事例

複写伝票の「発色」を詳しくご紹介 |e伝票.com

ノーカーボンの発色 青と黒 違いと特徴をご確認ください

2016年10月5日 水曜日

「紙の色」「印刷の色」というと、普段は印刷と無縁の方でも、何を意味するかはお分かりだと思います。
ところが、「発色」という表現になると、ご説明が必要なことがあります。
 
複写用感圧紙(ノーカーボン)は、上用紙・(複写枚数が多いときは間に中用紙)・下用紙を重ねて上から書くと、下に続く紙が筆圧により反応して発色します。この「発色の色」は、「青」が主流ですが、まれに「黒」の場合もあります。
 
「黒」は市場でも稀な方で、マーケティングが小さいためもあってか、紙そのものが割高です。(特別な事情がない限り、発色が青で事足りるなら、高い紙にしなくてもいいという心理が働くのでしょうか・・・。黒発色の需要が少ないのは。)
 
「黒発色」の紙は、上用紙・中用紙の白紙のみ・厚みは#30と#40のみと種類も限られます。
「発色」は、上に重ねている紙の裏面に塗布された発色基剤によって決まるので、写真事例のような
上用紙・黒発色=紙の色:白のみ
中用紙=紙色:カラー
下用紙=紙色:白
となった3枚複写は、中用紙が「黒」で発色、下用紙が「青」で発色するのです。

(ノーカーボン紙の発色の仕組みにつて、詳しくはHPの「お役立ち情報」をご覧ください。)

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

左から 上用紙(白)に筆記、中用紙(クリーム)が黒発色、下用紙(白)が青発色の事例

ページトップへ

ナンバリングのあれこれ|e伝票.com

ナンバー入れも簡単・便利な注文でシンプルに実現します

2016年3月8日 火曜日

当社のオプションご紹介シリーズ。印刷機にセットしてナンバーを刻む「ナンバーユニット」で印字した数字のサイズや「書体」をご覧いただきましょう。
 
標準では、1文字のサイズ=縦3㎜×横2㎜、数字と数字の距離=3㎜(文字間の隙間1㎜)。6ケタ並ぶと数字列の端から端まで16mmの幅を取ります。
印刷内容との兼ね合いとしてバランスの良い余白を考えると、ナンバーのスペースは縦7㎜×幅22㎜程度(5ケタの場合は印字幅13mm、必要なスペース幅19㎜程度)を考慮する必要があります。
 
 数字の色は、「黒」を基本とします。刷り色は各枚ごとにお選びいただくことが可能ですが、ナンバーの色は黒に統一することをご了承いただいております。
それというのも、ナンバーのインキローラーと、印刷用のローラーは印刷機の設備上別々になっており、黒ナンバーの設定を別色に変更するには余分な経費を頂戴することになるからです。
 また、ネットからの御注文では、シンプルな選択肢からスムーズにご計算いただけ、ご検討の参考にしていただくことを大前提としており、「標準ナンバー=黒・6ケタ」に限定しております。
 (5ケタをご希望の際は、ご注文時のリクエストとして、備考欄への記載やご入稿時のメールメッセージなどでご指示くださいね。)
 
 ほかに、「大ナンバー・6ケタ」もあります。こちらはユニットの方向と数に若干の制約があり、印刷紙に対する方向と面付け数がナンバーユニットに合致する場合に限りご利用できます。印刷内容のレイアウト方向(縦・横)やナンバーの入る位置によって、使用可能かどうか判明しますので、詳しくはお問い合わせください。
 
 ナンバーは、会計票、領収証、契約書、見積書、預り証、金券、チケット、抽選券、等々、多くの印刷物に使われています。私どもは、伝票印刷のプロとして、複雑なナンバリングも常々お受けしております。今後、さらに発展したナンバーの事例をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ナンバー、ナンバリング
3月3日付 制作実績「5枚複写ナンバーとミシン、5枚複写に両面刷り」

ナンバーユニットで印字した6ケタ・5ケタ・大ナンバー6ケタ

ページトップへ

見積書や打合せ書も立派な複写伝票です|e伝票.com

A3横型の大判複写伝票 打合せ記録や見積書に最適

2016年1月25日 月曜日

伝票といえば、納品書や請求書、入金票、振替伝票等、経理部門の方が事務所で使われるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、営業担当様が、打合せ先で直接お客様と内容を詰めていく中で記入する、見積書や打合せ書、契約書といった大切な書類も、多く使われる複写伝票の仲間です。

ご紹介するのは、ご葬儀に携わる企業様の見積書です。
葬祭のセレモニー場面では決してミスや手違いが許されないため、ご遺族が悲しみに暮れる中でも、厳粛に、早急に、確実に、丁寧に、式の進行に関わる項目を決定づけねばなりません。
故人様やご遺族様の意向を最大限くみとって、心のこもったお式とするために、葬儀社の皆様には迅速な対応が求められます。

お伺い内容に漏れはないか、金額はきちんと明示されたか、タイムスケジュールはお互い把握できているか、ご遺族様と確実な情報共有をするお手伝いツールとして、この伝票が誕生しました。

記入枠をしっかりと広めに。内容を漏れなく。A3版の大きい紙面にて、多くの項目も見やすく仕上がりました。

お納めしてからの反省点ですが、左余白に2つ穴をご提案してもよかったかな、と思います。わずかなオプション料金の追加で実現しますし、大きな紙面をかるく2つ折りにして、バインダー等に綴じてお客様に保管いただく場合もおありかと。
今後のご注文に向けて、多くのお客様にさらなるご提案を。肝に銘じた今日です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

大判の2枚複写見積書  左上にはナンバーをお入れしています

ページトップへ

【全3件 1/1ページ目 3件表示しています。】