本文へジャンプ

制作事例

「セット」と「製本」の違い解説|e伝票.com

2017年3月17日 金曜日

私どものサイトから御注文いただく際のお問い合わせで、比較的多いのが、
「仕上げ方法」
についてのご質問です。
この機に、仕上がりの外観を撮影した見本をご紹介しましょう。
 
まず、「(針金)綴じ製本」をご説明します。
複写1組を50組分で冊にまとめ、針金で2か所をホチキス止めして、黒の背テープで巻込んでいます。針金で綴じていますので、綴じしろの部分が冊に残ります。当然、取り外すための紙にはミシン目が入ります。
たとえば、領収証ですと、1枚目が控えとして冊に残り、2枚目の本体部分がお客様へのお渡し用として、ミシン目で切り外せます。
 
一方、「ブロック糊製本」は、紙の端(辺)部分で糊固めしていますので、表紙をめくった付け根から、複写の1組分ずつを冊から取り外せる形です。
全ての紙がすっかり外せますから、契約書綴りや送付書などに向いています。
冊から取り外した複写の1組分は、すなわち「セット糊」仕上げの状態と同じです。ただし、冊状態の〝塊″から引きはがすときの張力で、糊固め部分にしわが出ることがありますので、1組分の複写の組枚数が多いときなどには、後にご紹介する「セット糊」の方が扱いやすい場合もあります。
 
「セット糊」は、複写1組分の状態で糊固めされた形式です。
50組分での冊状態に仕上げる、先述のブロック糊製本とは異なり、1組ごとに独立しています。このタイプは受付票や受講・購入申込書などに向いています。
表紙・底表紙がないので、一定の束で紙帯をかけて、複写紙を保護するための厚板を天面に載せ、包装してお届けします。
 
冊仕上げでも「綴じ」「と「糊」との違い、糊固めでも「ブロック糊製本」と「セット糊」との違いがあり、どのように選択したらよいか判断に迷われる場面があるかもしれません。
お客様のイメージされる、ご使用の目的や場面に応じて、こちらから仕様をご提案させていただくこともできます。
ウェブサイト上でのご説明が至らない点、ご理解しづらい表現箇所などは、
メール(info@e-denpyou.com )・FAX(079-253-7376)・フリーダイヤル(0120-882-805)
まで、ドンドンご質問いただければ幸甚です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

針金綴じ製本 黒テープ部分の下にホチキス止めされています

ブロック糊製本 3枚1組を50組で冊にしたサンプルです

セット糊 1組分で1辺が糊付けされています

ページトップへ

複写枚数は何枚まで可能? 6枚、7枚ありです|e伝票.com

6枚複写に表紙がついた、7枚組のエントリーシート|e伝票.com

2016年12月22日 木曜日

企業の求人に対し応募するための登録用紙「エントリーシート」をご紹介します。
 
なんと、6枚複写に表紙1枚が付いた、7枚組です。
複写の紙が6枚も重なりますと、筆圧が下まで届きにくく、発色が鮮明に出ない場合があるので、中の紙は特別に#30という、世間で最も薄い複写紙を採用しました。
 
複写伝票の作成には、通常は#40を用います。#40がもっとも市場規模が大きく、コスト面でも優秀な用紙です。複写帳票の用紙で、特段の断りがなければ、この#40白だと判断してほぼ間違いありません。
 
余談ですが、実は、#30は#40よりも薄いのに、割高なのですよ。
「紙が薄いなら、材料は少ないはずなのに、高いの?」と思われるかもしれませんね。薄く仕上げる分、製造工程に手間がかかること、市場が小さいために製造コストが割高につくこと、などが影響して、少々高くつくというのが真相です。
 
さて、ご紹介のエントリーシートに話を戻しましょう。
表紙には、個人情報の取り扱いに関する説明書が印刷されており、下に続く複写6枚セットは、1枚目が登録カード、2~6枚目の5枚分が企業訪問カードになっています。
1枚目の記入内容(アンケート部分)が、企業訪問カードに複写されても影響の無いよう、通常は減感加工を施すところを黒塗りにして、目立たないように工夫しています。
こうして、工程を減らし、早く安く仕上げることも。コストダウンの一助になっています。
エントリーコーナーに来場される求職者の方々の人数も、1イベントに対しては1日数百人規模ですので、作成部数が500セット、1000セットなどですと#30の紙代の差額は微小ですし、減感を省略するメリットと総合して、リーズナブルな商品に仕上がりました。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

複写の組枚数が4~6枚と多いエントリーカードも実例を多数いただいています

ページトップへ

細かい気配りの行き届いたチェックインシート|e伝票.com

こんな仕様にも対応します サイズ違いの紙面や穴、減感の配慮

2016年12月20日 火曜日

今日ご紹介するのは、京都の老舗旅館でお使いの「チェックインシート」です。
 
仕様は、2枚セット糊で、1枚目がA5サイズ横型、2枚目がA4サイズ縦型と、2枚のサイズ違いがある複写伝票です。しかも、1枚目のみ左に2穴あいています。
 
この仕上がりは、お客様にお渡しする側に不要な穴が開かないよう配慮され、フロント側にはファイリングしやすい2穴付き。これって、なかなかの細かい気配りですよね。
(今回、伝票のご注文をいただく際、現状の仕様を伺い、とても感心致しました。作成には通常よりも少々手間暇のいる作業ですが、長く快適にお使いいただくため、弊社ではこうした仕様にもきめ細かく対応しています。)
 
宿泊のお客様がチェックイン時にお客様情報を記入し、1枚目には夕・朝食の時間も書き込まれて、フロントに渡されます。2枚めのクリーム色の紙は、お客様の手元に残り、宿泊並びに観光に関するご案内事項が一覧できるようになっています。
 
そしてさらに心憎い点があります。
クリーム色のA4台紙は、裏面にお客様アンケートの記入欄があり、チェックアウト時に「お客様からの声」を旅館側に残していただける仕組み。
左上に記入される「お名前」と「部屋番号」は、記入された内容が複写されていますが、右上エリアの「ご住所・お電話番号」は、下に減感加工が施されているので、不用意に個人情報が外部に漏れないように配慮されています。
 
こういった、お客様との交流が紙面に残るという喜びを、私どもe伝票.com」がお手伝いできますことも、振り返ればとても光栄なことです。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

1枚目がA5、2枚目がA4サイズのチェックインシート

ページトップへ

減感をあえて外した5枚複写のエントリーシート|e伝票.com

減感処理を省いて納期と価格をダウンできた事例

2016年10月24日 月曜日

就職活動支援フェアでご使用の、エントリーシートをご紹介します。
 
こちらは5枚1組のセット糊仕上げ。
1枚目の記入用紙は受付への提出用、以下の4枚は企業への提出用となり、1枚目には、希望項目にチェックマークを入れる記入枠があります。
このチェック枠が、企業提出用には不要となるため、最初は、後の4枚に「減感」(筆記部分が複写されないよう部分的に施す特殊印刷加工)を入れる仕様でお考えでした。
 
印刷内容をデータで拝見しますと、複写を避けたい部分がとても小さく、しかも4枚にわたって加工処理を通さねばならないので、工程手間と金額が少々もったいない・・・と思われました。
ですので、筆記内容(チェックのレ点)が写る部分を黒ベタの印刷で覆ってしまえば発色が目立たず、複写側の4枚も減感不要で工程短縮になり、費用も抑えられるとご提案しました。
 
この提案をご担当者様もご賛同下さり、一部修正した再ご入稿データにより印刷・作成しました。
 
写真ではわかりづらいかと思いますが、「どこか複写されているの?」というくらい分かりにくければ「正解」なのです。
 
こんな風に「早く」「安く」仕上がる方法をご提示できるのも、オリジナル複写伝票のなせる業です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

チェック欄の記入が邪魔にならないよう、黒ベタ印刷をデザインした事例

ページトップへ

3つ子の伝票 一度に3種 ナンバーも区分けした伝票|e伝票.

ナンバーのサイズから帯部分のデザインを考慮した預り証

2016年3月29日 火曜日

ナンバー入り伝票のバリエーションをご紹介します。
 
3点同時にご注文で、番号の振り分けも100001~、300001~、500001~ の3種類。
内容別に紙色も替え、1目で識別できる「3つ子ちゃん」が生まれました。
 
ナンバーの入る帯部分は、初めのデザインではもう少し細かったのですが、数字がバランスよく収まるよう、天地の幅を6mmに設定するようご提案いたしました。
 
当社の数字ユニットのサイズに領域を合わせていただく制約はありますが、印刷機にセットできるナンバーであれば、1工程で印刷・ナンバリングが進められるというメリットを生かし、リーズナブルにお客様にお渡しできます。
 
ナンバーは、当然1件につき1個割り当てられた数字ですので、増刷の際は続き番号からご用意できます。それというのも、当社では各商品ごとにオリジナルの管理番号を設け、作成実績を印刷データとともに保管しているからです。ですから「リピート」印刷もお手の物。
3種一度にご注文いただいたものも、印刷内容が異なればすべて管理番号が違いますので、1種類だけが早く減って再ご注文をいただく際にも、追跡・検索してそのまま印刷工程に回せます。こうして、お客様も当社も、手間を省いて効率よく作業が進められます。
 
伝票を通じて、お客様の日常業務がはかどり、スムーズな運営をお手伝いできますよう、私どもe伝票.comをお役立ていただければ幸甚です。
今後ともe伝票.comをよろしくお願い申し上げます。
 
複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ナンバー、ナンバリング
・3月8日付 制作実績「ナンバリングのあれこれ」

3種類に3色のカラーカーボン紙を使用 ナンバーの区別も頭の桁で明確

ページトップへ

【全6件 1/2ページ目 5件表示しています。】

12次のページへ