本文へジャンプ

制作事例

「巻下敷」の活躍舞台|e伝票.com

「巻下敷」は必要?どんな時に使う? と迷われたら

2017年4月19日 水曜日

オリジナル複写伝票のオプションの一つとしてご紹介している「巻下敷」について、今日は詳しくご説明しましょう。
 
「巻下敷」とは、伝票1冊ごとに底側に綴じ付けた、折り返し付の厚板紙のことです。
私どもでは、片面に白塗工した「ボール紙」を使用しています。裏側の面はグレーで、このグレーの面が、折込まれる内面になります。色味や質感は、お菓子の箱の内側をイメージしていただければいいでしょう。厚みは、官製はがき2枚分程度。こつんとした硬さがあります。
筆記時の複写が、下に続く紙へひびかないようにするための下敷ですので、基本的には「複写」伝票に用いるものです。したがって、単票(1枚物)の伝票類には、通常は用いない形式です。ただ、単票物でも、筆圧が下の紙に残らないよう、巻下敷を希望されるパターンも稀にあります。
 
巻込み式の下敷が、1冊ごとに綴じ付けられていることのメリットは
・屋外や、机の無い場所などで、立ったままでも書きやすい
・下敷きをなくす、傷めるといった心配がない
・直接指導の届かない社員、スタッフさんにも、下敷を敷いて書くルールを徹底できる
などがあります。
 
巻下敷のオプションを希望されないお客様にも、複写伝票(製本型)につきましては、同じ厚紙で作製した「下敷用台紙」を5冊に1枚程度(最大10枚まで)お付けしておりますので、ご利用いただければ幸いです。
 
伝票を作成するための「材料」「技術」「人材」も、お客様から日々学んでいる「知識」「知恵」「経験」も、皆様のお手元に届ける商品とともにお伝えできるよう、頑張ってまいります。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください。

手でめくっているのが表紙、右側からかぶっているのが「巻下敷」です

ページトップへ

「セット」と「製本」の違い解説|e伝票.com

2017年3月17日 金曜日

私どものサイトから御注文いただく際のお問い合わせで、比較的多いのが、
「仕上げ方法」
についてのご質問です。
この機に、仕上がりの外観を撮影した見本をご紹介しましょう。
 
まず、「(針金)綴じ製本」をご説明します。
複写1組を50組分で冊にまとめ、針金で2か所をホチキス止めして、黒の背テープで巻込んでいます。針金で綴じていますので、綴じしろの部分が冊に残ります。当然、取り外すための紙にはミシン目が入ります。
たとえば、領収証ですと、1枚目が控えとして冊に残り、2枚目の本体部分がお客様へのお渡し用として、ミシン目で切り外せます。
 
一方、「ブロック糊製本」は、紙の端(辺)部分で糊固めしていますので、表紙をめくった付け根から、複写の1組分ずつを冊から取り外せる形です。
全ての紙がすっかり外せますから、契約書綴りや送付書などに向いています。
冊から取り外した複写の1組分は、すなわち「セット糊」仕上げの状態と同じです。ただし、冊状態の〝塊″から引きはがすときの張力で、糊固め部分にしわが出ることがありますので、1組分の複写の組枚数が多いときなどには、後にご紹介する「セット糊」の方が扱いやすい場合もあります。
 
「セット糊」は、複写1組分の状態で糊固めされた形式です。
50組分での冊状態に仕上げる、先述のブロック糊製本とは異なり、1組ごとに独立しています。このタイプは受付票や受講・購入申込書などに向いています。
表紙・底表紙がないので、一定の束で紙帯をかけて、複写紙を保護するための厚板を天面に載せ、包装してお届けします。
 
冊仕上げでも「綴じ」「と「糊」との違い、糊固めでも「ブロック糊製本」と「セット糊」との違いがあり、どのように選択したらよいか判断に迷われる場面があるかもしれません。
お客様のイメージされる、ご使用の目的や場面に応じて、こちらから仕様をご提案させていただくこともできます。
ウェブサイト上でのご説明が至らない点、ご理解しづらい表現箇所などは、
メール(info@e-denpyou.com )・FAX(079-253-7376)・フリーダイヤル(0120-882-805)
まで、ドンドンご質問いただければ幸甚です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

針金綴じ製本 黒テープ部分の下にホチキス止めされています

ブロック糊製本 3枚1組を50組で冊にしたサンプルです

セット糊 1組分で1辺が糊付けされています

ページトップへ

傷んだ伝票の穴埋め作成 復刻版もお任せを|e伝票.com

変則的な番号や、続き番号からの伝票作成も可能です

2016年3月28日 月曜日

現在お使いの伝票をコピーし、FAXでご入稿いただいたM様。
傷んでしまった領収証の穴埋めに4冊必要とのことです。必要とする番号の範囲も096941~097140と、少し変則的な数字。
 
ナンバーの位置は左上・右上の場合が多いのですが、ナンバーの位置も開始番号も、お客様のご希望どおりにお入れします。
でも大丈夫。開始番号さえお聞きできれば、何番からでもご用意できます。
 
FAX原稿から描き起こし、ロゴも再現して、無事「復刻」を果たした領収証。ロゴ入りのオリジナル領収証は、市販の領収証では補いきれない大切な存在です。
このように、どうしても欠かすことのできない伝票類を復活させることも可能です。
 
 ご入用の冊数分だけ、ご入用の番号からご用意できるのも、オリジナル複写伝票の便利なところ。「これがないと困る」というときには、ぜひ当社へお問い合わせくださいね。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ナンバー
3月8日付 制作実績「ナンバリングのあれこれ」

開始ナンバーもご指定で 傷んだ伝票の穴埋め作成

ページトップへ

仕上げサイズに関連する余白の必要~綴じ・穴~|e伝票.com

仕上げサイズには「綴じしろ」や「穴あけ」の余白を考慮すればスムーズです!

2016年3月15日 火曜日

A5やB6といった、規格サイズの領収証、納品書などをご注文いただく場合に、ご注意いただきたい点をご紹介します。
 
データをご入稿いただき、当社で開いてみますと、とてもきれいにレイアウトされているお客様も多くなりました。デザイン会社や広告代理店など、お仕事でイラストレータを使っていらっしゃる方からのご入稿は、仕上げ断ち用の「トンボ(イラストレータでは「トリムマーク」)」と呼ばれるL字型を重ねたような記号も入り、とても本格的です。
 
 ただ1点、「針金綴じ製本」をご選択の場合、気を付けていただきたいのが、「綴じ代」の余白です。
 
 「針金綴じ製本」は、複写のセットを50組で1冊にまとめ、1辺を綴じますので、必要分が切り離せるように、綴じの根本近くにミシンを入れる加工が必須です。この綴じ代(ミシンしろ)は、12~13mm程度を確保する必要があります。ミシンしろが浅いと、冊の底に近くなるにつれ、ミシンが届きにくくなり、切るのに難が生じがちです。
 
 A5,B6の規格サイズでの仕上がりにバッチリ収まったレイアウトですと、綴じ代分の長さをさらに12㎜伸ばした場合、印刷用紙のサイズが見積もりの設定より一回り大きくなり、差額が生じることにもつながります。
 あるいは、規格サイズに収まるようにレイアウトを整えるため、印刷内容を変形・縮小させて、余白を確保する方法もあります。
 
 せっかくお作り頂いたデータに対し、綴じ代や穴余白の件をお伝えして、サイズやレイアウト変更を余儀なくされるお客様を思いますと、この機にご理解をいただけたらと存じます。
 
 また、穴あけの余白についても、関連記事をご覧いただければ光栄です。
 
複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~サイズのあれこれ
3月7日付 制作実績「穴へのこだわり」
3月1日付 制作実績「サイズも自由にのびのびと決めましょう」
2月16日付 制作実績「仕上げサイズのお話」

ページトップへ

連絡手段はメールのみ 商品作成までのプロセス|e伝票.com

リクエストにお応え その②

2016年3月11日 金曜日

今日は、初めから終わりまで全て「メール」のみでやりとりさせていただいた事例のお話。
 
当社の「会計伝票」のカテゴリから、イメージに近いものを2点お選びくださり、その2種類を合成させたようなレイアウトにしたいとの旨で、メールをいただきました。
 
 紙色はピンクで、1枚の紙の真ん中くらいをミシンで切り取れて、ロゴを入れて、とリクエスト内容を文章で着々と書き綴ってこられます。
 文面には、ご連絡のお電話番号がありません。こちらから、メールで返信します。
 紙サイズ、紙色、ロゴに合わせて刷り色のご提案、レイアウト変更に合わせたミシン位置の確認、冊数違いによる見積もり、等々。
 
 では、レイアウトにかかってくださいということで、返信をいただき、制作スタッフが意向に沿って絵柄を組み合わせ、店舗のご住所やロゴを入れ、メールで画像を送ります。
 送信した旨をお電話することもできないのですが、すぐに確認後の返信が来て、連綿と文章を書きつづってこられました。変更してはメールを送り、ついにはお声を聴くことのないまま、商品の発送となりました。
 
 このお仕事は、改めて勉強させていただいた気がします。お電話に抵抗のあるお客様も、聴覚が不自由なお客様も、日中はお電話できない事情があるお客様も、いらっしゃるかもしれない。そのことに思いを馳せることができました。
 さまざまなお客様の背景を察し、お客様にとって最も手続きのとりやすい方法をお選びいただけるよう、e伝票.comは今後も成長していきたいと思います。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~原稿のやりとり
3月10日付 制作実績「『データ入稿』はもっとも手軽な方法を使ってください」
1月21日付 制作実績「こんな風にお客様のご要望にお応えします!
              原稿から商品まで」

メールでのリクエスト じっくり読み込んで校正を手直し

お客様の確認をいただき、印刷現場にも通す原稿

仕上がり見本 1枚目ピンク紙にミシン入り、2枚目白、ナンバー2か所入りです

ページトップへ

【全32件 1/7ページ目 5件表示しています。】

12345次のページへ