本文へジャンプ

制作事例

印刷物注文の「悩みあるある」|e伝票.com

印刷物の発注で「困った」にぶつかったら・・・処方箋はe伝票.com

2017年1月26日 木曜日

こんなこと、経験ないですか?

 ・近くに印刷会社もないし、営業時間帯に印刷会社を訪ねるのも、営業さんに来てもらって時間を合せるのも、何かと面倒…。
 
・いつも来てくれていた印刷会社の営業さんが、担当エリアが変わってなかなか寄ってくれないし、対応が冷たくなって頼みにくい…。
 
・せっかく懇意にしていた印刷屋さんが、後継者がいないとの理由で廃業された。他を紹介してくれそうもないし、これからはどこに頼めばいいのか困った…。
 
・新しい印刷物を考えているけれど、ネット検索で見つかるサイトは、注文への決まり事がややこしくて難しい。「データ入稿」って、「イラストレータ」が使えないとダメなの?それじゃあ敷居が高いな…。
 
こんなお悩みごとが一つでも当てはまるアナタ!
よくぞ、当サイトに巡り合ってくださいました!
お困りごとがあれば、どんな一言からでも結構です。お電話下さい。メール下さい。FAX、モチロンお待ちしています!
 
・数が決まっていない
・サイズも特に決まっていない
・データをどうやって作ればいいのかわからない
・今ある伝票を同じように作ってもらう方法がわからない
など、お考えがまとまっていなくても結構です。
まずは、「どんな印刷物を希望しているか」「どんな場面で使用するのか」といったことから、お話しできればうれしいです。
 
印刷の色や紙の色も、比較していただける写真画像をメールでお送りしたり、紙サンプルを事前にお送りしたりと、リクエストにお応えする引き出しはたくさんあります。
 
Q&Aではご説明不足のこともありますし、まだまだ発展途上のサイトです。お客さまの「困った」「わからない」のお声が、新しい提案やご案内の基礎になると信じています。いろんなことを教えてください。e伝票.comは、きっとお応え致します。複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

橙系のインキ色見本をご提案 撮影画像をメールで送ります

ページトップへ

複写伝票のe伝票.comですが、単票だって得意です

単票のお会計票 領収証を兼用したミシン目入り

2017年1月9日 月曜日

ある日、お客様からこのようなお問い合わせをいただきました。
「複写の伝票のフォーマットで、複写しない伝票って作れますか?」
 
・・・目から鱗でした。
弊社のホームページ上で、2枚以上の複写伝票ばかりご紹介しておりますが、ここに至ってお客様から教えていただきました。
 
年も新たな2017年には、「複写伝票の複写なし」(ってどういうこと?というツッコミが聞こえてきそうですが)バージョンを設定しましょう。乞うご期待!
 
 
要は、1枚物の伝票なのですが、今日のご紹介として詳細をご説明しますね。
 
ラウンジ用お会計票(ACCOUNT)で、複写しない1枚物(単票)です。1枚物の場合、100枚で1冊として、表紙と底表紙をつけ、背(糊固めする1辺)の部分を紙テープで巻きます。糊の付け根部分で1枚ずつ外せる様式です。
 
見本のパターンは、さらにひと工夫してあり、下の方で領収証として切り離せるミシン目が1本入っています(「合計」の項目枠が上下に2か所ある間の部分で、あえてミシン目のところで折り曲げて撮影しています)。
 
単票のメリットとしては、複写伝票と比較して紙代が安く、印刷も1枚通しだけで済むため工程も短く、早い納期で割安な伝票をお届けできます。
刷り色でちょっとイメージを変えて、視覚的にも魅力あるオリジナル伝票をご検討なさいませんか? おせっかいな「e伝票.com」が、お店の雰囲気にぴったりの商品をご提案します。複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


参考ブログ:2016年12月23日付「単票物の紙ってどんなものですか?

単票のACCOUNT シックなイメージロゴを活かすブラウンの印刷で

ページトップへ

マルチプリンタ用紙の紙質とプリンターとの関係|e伝票.com

プリンタで印字する紙にも適性があります

2016年12月28日 水曜日

プリンタ出力に際して、紙詰まり、重送、カール(丸まり)といったトラブルを抱えていませんか?

「NIP(Not Impact Printerの略。※)対応上質紙」なら、プリンタ対応の専用紙ですので、先述の3大トラブルもなく紙通りがスムーズ!
この上質紙は、プリンタの熱による水分蒸発を予め考慮しており、紙の水分量を減らして作製されているので、水分が飛ぶことによる縮みがなく、紙のカールを防いでくれます。
紙の白さを表す「白色度」は約83%。高級感のある白さと、コシの強さ、手触りのなめらかさで定評のある紙質です。
 
当社のミシン入り用紙(マルチプリンタ用紙)は、上記の特性を備えていますので、サクサクと出力でき、オフィスの作業もスムーズ。

※NIP=Not Impact Printer(ノット・インパクト・プリンター)の略号。これに対して、Dot Impact Printer(ドット・インパクト・プリンター、ドットプリンターとも呼ぶ)があります。
ノット・インパクト・プリンターは、日本語に訳せば、「(文字を)刻印しない印刷機」。つまり、インクトナーを吹き付けるインクジェットプリンターや、トナーを熱で定着させるレーザープリンターを指します。
一方、ドットプリンターは、印字ヘッドをインクリボンにたたきつける圧力により文字の型(跡)をつけて印刷します。以前よく見られたタイプライターやワードプロセッサーの形式ですね。今は、複写式連続帳票の出力などによく使われています。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ページトップへ

ミシン目入り用紙を作る縁の下の力持ち|e伝票.com

ミシン目入り用紙の「ミシン目」を作る道具たち

2016年12月26日 月曜日

紙に「ミシン目」ってどうやって作るの? そんな、知ってるようで知らない事実をご披露しましょう。
 
ミシン目を作る方法にもいくつか手段がありますが、当社では、専用のローラーカッター刃を使って切れ目を入れます。
丸い刃の周囲に切り込みの入った刃で、手作りクラフト工作用のローラーカッターなどで市販されているものがあります。
工業用のミシン刃は、刃をホルダーに取り付けて、ホルダーごと機械に取り付けて使われます。

このミシン刃は、皮脂が付着すると、錆びたり、歯の回転にムラが出たりする原因となりますので、取扱いはとても慎重です。刃の交換時には、手の汗や脂が付かないよう、布で挟みながら扱います。
保管時には、刃のピッチ別に棚に保管し、使う順序にもムラが無いよう、定位置に戻してローテーションさせています。

もちろん、大量ロットの枚数を通す前には、使用するすべての刃を研ぎ直し、鋭利な切り口を保ちます(手で触って確認できないのが残念ですけれど)。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ミシン刃はとてもデリケート 素手で触れずにホルダーにセットします

ページトップへ

単票物の紙ってどんなものですか?|e伝票.com

複写伝票ばかりじゃない、単票ものの伝票に使う紙にもご注目

2016年12月23日 金曜日

今日は、単票に使う汎用的な紙についてお話しします。

世間で使われている紙の種類は千差万別、さらに同じ紙質でも厚みがいくつもあって、それこそ星の数ほど、紙の種類というのは豊富にあります。
我々印刷業界に携わる者が、どのように紙を扱っているか、少々専門的になりますがお付き合いください、

紙の厚さを示すときによく使われる「55kg」「70㎏」とは、別名「連量」という表現方法で、四六判(788mm×1,091mm)というサイズを基準とした、1,000枚(一連)あたりの重さをkgで表したものです。
kg数の数値が大きいほど、厚い紙となります。
紙質メーカーなどの違いで、同じ連量であっても厚みが異なるものもあります。
プリンタでは、四六判での連量よりも、g/㎡単位での設定による紙厚選択が多いかもしれませんね。
 
弊社でご用意している「A4ミシン入り用紙・2分割/3分割」の標準の紙厚は、「上質55㎏=約8?(マイクロメートルは1000分の1ミリ)」です。こちらは通常のコピー用紙程度の厚みです。
厚手ですと、「上質70㎏=約10?」を採用しています。こちらは55kgよりも一段厚く、さらにしっかりしたものですので、プリンタとの相性が格段に上がる、お勧めの用紙です。
プリンタに通すのに適する紙厚は、その機械の性能にもよりますから一概には言えませんが、一般的には上質55kg~135㎏(=約19?)程度が通しやすいでしょう。
参考までに、官製はがきを調べてみると、上質180㎏よりも薄手ですが、厚さ約22?でした。
紙は厚さも質も様々なものが市場にあるので、プリンタでの印刷に向くかどうかは、機種やインキの特性なども合わせて検討されることをお勧めします。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

A4ミシン入り用紙を切り分けたところ

ページトップへ

【全8件 1/2ページ目 5件表示しています。】

12次のページへ