本文へジャンプ

制作事例

「複写枚数」の意味は?|e伝票.com

「2枚複写」は「2枚1セットとして使う」と考えてください

2016年3月14日 月曜日

お客様と、印刷会社との間で理解の相違が生じやすい事柄に
複写の枚数の数え方
があります。
 
「2枚複写」とは、「下に2枚、複写される紙が続く」という意味ではない、という点、ご存知でしたか?
複写枚数とは、「複写で使うセット1組の枚数」をいいます。
つまり、1枚目の記入紙を“含む“ということです。
ですから、「2枚複写」というときには、1枚目に記入紙(通常はノーカーボン上用紙)、2枚目に複写される紙1枚(通常はノーカーボン下用紙)がきて、2枚セットで使うことを意味します。
 
時折、お客様のネットからの御注文で、「複写枚数=2枚」と設定されているのですが、「紙色の指定」で、「1枚目=白、2枚目=クリーム、3枚目=ピンク」のように、3枚目までをご指示くださっている、という事例があります。「3枚セットで使うので3枚複写」とお考えいただくべきところ、「下に2枚複写されるから2枚複写」とお考えになったパターンですね。
 
ネット注文の少々悲しいところで、ご注文のご意向が正しく反映されないまま注文が確定してしまい、お望みの仕様を確認した後に、お見積り金額が変わってしまうという、大変なご不便をおかけしてしまうことにもなります。
 
(実際、「(下に複写が反映される紙が)1枚」(=2枚複写)をご希望なのに、「1枚」とお聞きしたがために、単票で作成してしまい、商品がお客様に到着してから「複写になっていない」とお電話をいただき、大慌てしたことも。 ・・・いやはやお恥ずかしい限り・・・。)
 
複写伝票を扱うe伝票.comとして、お客様に誤解や勘違いの生じないような表記を目指す。また、お電話でお話しする際にも、きちんとポイントを押さえてご説明する、ということを心がけ、より使いやすい、ご満足頂ける商品づくりに努めてまいります。
どうぞこれからもe伝票.comをよろしくお願いします。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ページトップへ

複写伝票の「折込み下敷き(巻き表紙)」について

2014年12月6日 土曜日

意外と知られていませんが、複写伝票の裏表紙を「折込み下敷き(巻き表紙)にすることが出来ます。

伝票と下敷きがセットになっていますので、「あれ、下敷きがない!」と探す手間も省けます。
外出先で伝票を使用する時にもとても便利です。

e伝票.comは「折込み下敷き」加工も格安で承ります。
ご用がございましたらお気軽にお問合せください。

>>お問合せページへ移動する。

ページトップへ

伝票印刷の失敗しないお店選び

2014年11月30日 日曜日

伝票印刷の失敗しないお店選びについてまとめています。


失敗しないお店選び
伝票印刷のお店選びで見る項目は


・価格

他社の比較してどうか、価格と商品・サービス(スタッフの応対、アフターフォローなど)のつりあいが取れているかなどを見るようにしましょう。

特に伝票印刷は難易度が高く、専門的な知識が必要な印刷物なのできちんとした電話・メール対応やアドバイスをしてくれるお店を選ぶようにしましょう。

サービスも価格のうちです。


・納期

目的に合った納期のお店を選びましょう。
納期設定はお店よって様々です。

理由として伝票印刷は注文をいただいてからデザイン・印刷を行います。

その各工程に要する日程がお店によって様々ということがあげられます。

・「間に合わせで明日にでも欲しい」→価格は少し高いが短納期で対応してくれるお店
・「特に急がない」→納期が長めだが価格は安いお店

など自分の目的に合ったお店を選ぶのが良いでしょう。


・品質


品質がサイト上で「見える」お店を選びましょう。

伝票印刷の品質管理にこれといった決まりはありません。

品質管理は各社それぞれの基準で行っています。

中にはとんでもない品質、サービスや梱包をするお店もあるかもしれません。

サイト上に品質を表す写真、文書や規格(例:ISO)などがきちんと明記してあるお店を選ぶのが良いでしょう。


・対応


熟練したスタッフが電話・メールで対応してくれるお店を選びましょう。

伝票印刷は他の印刷物に比べて専門的な技術や知識が必要です。

また伝票は外部の目に触れる印刷物ですので、作成には常識的な視点も必要です。

専門的な知識、技術や常識的な視点からのアドバイスをしてくれるお店を選ぶのが良いでしょう。


以上の点を確認することで伝票印刷のお店選びは上手くいくでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

ページトップへ

納期対応への取り組み

2014年11月29日 土曜日

常にご希望の納期にお応えするために、当社が行っている取り組みについてまとめています。

ノーカーボン紙の在庫
ノーカーボン紙は常に以下を在庫しています。

ノーカーボンN40(白)
ノーカーボンN50(白)
ノーカーボンN60(白)
ノーカーボンN80(白)
ノーカーボンN100(白)

ページトップへ

当社のノーカーボンへのこだわり

2014年11月29日 土曜日

日本にノーカーボン紙を製造している製紙メーカーは数社あり、各社のノーカーボン紙にはそれぞれ特性があります。


当社の複写伝票はその中で最も高級とされる富士フィルム製のノーカーボン紙を使用しています。



富士フィルム製のノーカーボン紙のメリットは以下です。


・発色が良い

・保管性が高い

・減感の事故が少ない


とくに領収書、納品書、請求書や契約書は税法や商法上数年の保管が定められているため「保管性」が重要になると考えています。



デメリットとしては高品質なので仕入れ値が他社のものと比べて割高ということです。



伝票には会社の大切な情報が記録されていますので、品質や保管性を考えますと多少割高にはなりますが富士フィルム製のノーカーボン紙の使用をおすすめします。

ページトップへ

【全7件 1/2ページ目 5件表示しています。】

12次のページへ