本文へジャンプ

制作事例

「巻下敷」の活躍舞台|e伝票.com

「巻下敷」は必要?どんな時に使う? と迷われたら

2017年4月19日 水曜日

オリジナル複写伝票のオプションの一つとしてご紹介している「巻下敷」について、今日は詳しくご説明しましょう。
 
「巻下敷」とは、伝票1冊ごとに底側に綴じ付けた、折り返し付の厚板紙のことです。
私どもでは、片面に白塗工した「ボール紙」を使用しています。裏側の面はグレーで、このグレーの面が、折込まれる内面になります。色味や質感は、お菓子の箱の内側をイメージしていただければいいでしょう。厚みは、官製はがき2枚分程度。こつんとした硬さがあります。
筆記時の複写が、下に続く紙へひびかないようにするための下敷ですので、基本的には「複写」伝票に用いるものです。したがって、単票(1枚物)の伝票類には、通常は用いない形式です。ただ、単票物でも、筆圧が下の紙に残らないよう、巻下敷を希望されるパターンも稀にあります。
 
巻込み式の下敷が、1冊ごとに綴じ付けられていることのメリットは
・屋外や、机の無い場所などで、立ったままでも書きやすい
・下敷きをなくす、傷めるといった心配がない
・直接指導の届かない社員、スタッフさんにも、下敷を敷いて書くルールを徹底できる
などがあります。
 
巻下敷のオプションを希望されないお客様にも、複写伝票(製本型)につきましては、同じ厚紙で作製した「下敷用台紙」を5冊に1枚程度(最大10枚まで)お付けしておりますので、ご利用いただければ幸いです。
 
伝票を作成するための「材料」「技術」「人材」も、お客様から日々学んでいる「知識」「知恵」「経験」も、皆様のお手元に届ける商品とともにお伝えできるよう、頑張ってまいります。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください。

手でめくっているのが表紙、右側からかぶっているのが「巻下敷」です

ページトップへ

「複写枚数」の意味は?|e伝票.com

「2枚複写」は「2枚1セットとして使う」と考えてください

2016年3月14日 月曜日

お客様と、印刷会社との間で理解の相違が生じやすい事柄に
複写の枚数の数え方
があります。
 
「2枚複写」とは、「下に2枚、複写される紙が続く」という意味ではない、という点、ご存知でしたか?
複写枚数とは、「複写で使うセット1組の枚数」をいいます。
つまり、1枚目の記入紙を“含む“ということです。
ですから、「2枚複写」というときには、1枚目に記入紙(通常はノーカーボン上用紙)、2枚目に複写される紙1枚(通常はノーカーボン下用紙)がきて、2枚セットで使うことを意味します。
 
時折、お客様のネットからの御注文で、「複写枚数=2枚」と設定されているのですが、「紙色の指定」で、「1枚目=白、2枚目=クリーム、3枚目=ピンク」のように、3枚目までをご指示くださっている、という事例があります。「3枚セットで使うので3枚複写」とお考えいただくべきところ、「下に2枚複写されるから2枚複写」とお考えになったパターンですね。
 
ネット注文の少々悲しいところで、ご注文のご意向が正しく反映されないまま注文が確定してしまい、お望みの仕様を確認した後に、お見積り金額が変わってしまうという、大変なご不便をおかけしてしまうことにもなります。
 
(実際、「(下に複写が反映される紙が)1枚」(=2枚複写)をご希望なのに、「1枚」とお聞きしたがために、単票で作成してしまい、商品がお客様に到着してから「複写になっていない」とお電話をいただき、大慌てしたことも。 ・・・いやはやお恥ずかしい限り・・・。)
 
複写伝票を扱うe伝票.comとして、お客様に誤解や勘違いの生じないような表記を目指す。また、お電話でお話しする際にも、きちんとポイントを押さえてご説明する、ということを心がけ、より使いやすい、ご満足頂ける商品づくりに努めてまいります。
どうぞこれからもe伝票.comをよろしくお願いします。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ページトップへ

3枚複写から4枚複写に発展した納品書|e伝票.com

受領書を増やしたい そのご希望にお応えして1から作成した4枚複写の納品書

2016年2月27日 土曜日

今日ご紹介するオリジナル複写伝票は、仕上がりがとても楽しみなお品でした。
 
はじめは、もともと3枚複写(納品書控、納品書、請求書)でお使いの伝票を、4枚目に受領書を追加したいというご相談がきっかけでした。
原稿の内容を詳しく書き込みしたものを撮影して、画像でメールに添付してお送りいただきました。その画像を基に当方がお見積りする間にも、お客様からは現在お使いの3枚複写セットを郵送していただき、紙質や刷り色も確認させていただくことができました。
 追加する4枚目にはノーカーボン40ピンクを。受領印をいただく枠内には、上の3枚からの複写が写らないよう、減感加工も入ります。
 
ご意向を生かしたレイアウト原稿をPDF画像で見ていただき、手直しがあれば加筆修正し、最終確認をいただいてから印刷に進みます。
 印刷の色は、当社の規定の青よりも少し明るい群青系に近かったので、刷り色も現物見本にもっとも近い色をご用意。現場と打ち合わせ、実際に刷り色を確認しながら進めていきます。
 
 お客様の業種は貴金属をお取扱いで、店舗名も優しい印象。ですので、明るい色味の群青系は、(文字と罫線だけとはいえ)パッと華やかで新鮮な若々しい色合いがイメージに合って、なかなかイイ感じに仕上がりました。
 せっかくのオリジナル伝票ですもの、きれいな色で印刷するのもお勧めしたいところです。
 
 e伝票.comは、HP、お電話、FAX、メール、郵送等、あらゆる通信手段でお客様とやりとりします。24時間メールやFAXはお受けできますので、お客様のお顔を拝見しながら直接お話しができなくとも、日中差支えない範囲でお電話にてお話させていただきながら、ご希望にお応えできますようスタッフ一同で準備を進めてまいります。どうぞ何でも、伝票のことをお聞かせください。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

作成指示原稿 びっしり細かくご希望点を記入いただいています

当社がご用意する「確認用原稿」を紙に出力したもの 印刷現場に回ります

ピンクの「受領書」が増えた仕上がり品を4枚並べました

ページトップへ

すべて中紙の伝票 書き写る枚数を自由に選べる|e伝票.com

お仕事ごとに書類提出相手の数が変わるときには、無駄にならない「ALL中紙」という伝票はいかがですか?

2016年1月29日 金曜日

運輸業N様とのお取引商品です。

自社・荷受先・配送先・請け主様等々、伝票をお渡しする相手先がお仕事の都度変化することも多い業界です。
2枚で済むときもあれば、4~5件にわたってやり取りが必要な場合も。
1件につき必要な枚数を自在に変えられる、すべてノーカーボン中紙で仕上げた複写伝票をお作りしました(写真は製本される前の1枚です)。
1冊あたりの綴じ数は200枚。厚い伝票で、作りもしっかりしており、どんどんちぎってお使いいただけます。

ALL中紙。目にする機会の少ない、珍しいタイプですが、こんな仕様もアリ。
複写伝票は奥が深いです・・・。

これからも、いろいろな伝票類をご紹介します。お楽しみに!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

ノーカーボン中紙だけで作る伝票

ページトップへ

見積書や打合せ書も立派な複写伝票です|e伝票.com

A3横型の大判複写伝票 打合せ記録や見積書に最適

2016年1月25日 月曜日

伝票といえば、納品書や請求書、入金票、振替伝票等、経理部門の方が事務所で使われるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

しかし、営業担当様が、打合せ先で直接お客様と内容を詰めていく中で記入する、見積書や打合せ書、契約書といった大切な書類も、多く使われる複写伝票の仲間です。

ご紹介するのは、ご葬儀に携わる企業様の見積書です。
葬祭のセレモニー場面では決してミスや手違いが許されないため、ご遺族が悲しみに暮れる中でも、厳粛に、早急に、確実に、丁寧に、式の進行に関わる項目を決定づけねばなりません。
故人様やご遺族様の意向を最大限くみとって、心のこもったお式とするために、葬儀社の皆様には迅速な対応が求められます。

お伺い内容に漏れはないか、金額はきちんと明示されたか、タイムスケジュールはお互い把握できているか、ご遺族様と確実な情報共有をするお手伝いツールとして、この伝票が誕生しました。

記入枠をしっかりと広めに。内容を漏れなく。A3版の大きい紙面にて、多くの項目も見やすく仕上がりました。

お納めしてからの反省点ですが、左余白に2つ穴をご提案してもよかったかな、と思います。わずかなオプション料金の追加で実現しますし、大きな紙面をかるく2つ折りにして、バインダー等に綴じてお客様に保管いただく場合もおありかと。
今後のご注文に向けて、多くのお客様にさらなるご提案を。肝に銘じた今日です。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

大判の2枚複写見積書  左上にはナンバーをお入れしています

ページトップへ

【全5件 1/1ページ目 5件表示しています。】