本文へジャンプ

制作事例

ミシン目とパンチ穴加工両方が必要な時は……|e伝票.com

作成日:2019.11.29

本日はミシン目加工と穴あけ加工をご希望のお客様に

ご入稿時のちょっとしたポイントをご紹介いたします。

 

ミシン目は紙端から13mmの位置に、

穴あけ加工は紙端から10mmの位置に穴中心が来るように加工いたします。

※パンチ穴の場合、穴同士の間隔は中心から中心までの距離が80mmです。

 

つまり両方がご希望の場合、

紙端から穴中心まで23mmの余白を確保していただくことになります。

 

もちろん上記余白は穴中心までの話ですので、

6mm径ならさらに3mm+数mm程度、データ側に余白が必要ですね。

 

上記余白の確保が難しい場合は、データの移動や縮小、

または紙自体を一回り大きくするといった作業が発生しますため、

場合によっては納期に影響が出ることもございます。

 

特に完全データでご入稿予定の場合は、余白確保にご注意くださいませ。

 

複写伝票の作成はe伝票.comにおまかせください。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++


▼お見積もりは以下ページよりどうぞ!


\ データ入稿で伝票印刷!封筒印刷のプロがデータチェックをいたします! /

【オリジナル伝票印刷】領収証の料金表はこちらから。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ページトップへ