本文へジャンプ

制作事例

複写の1組と表紙をセットできる? e伝票.com

複写4枚セットに表紙を付けた、5枚1組の契約書

2016年8月8日 月曜日

今日は、複写用紙4枚セットに表紙(上質紙)を付けた「契約書」のご紹介です。

 

よくご質問いただくことの1つに

「複写セットの上(または下)に、複写しない紙を表紙(説明書)として付けたいのですが、できますか?」という件があります。

 

もちろん、作成可能です。

複写用の感圧紙は、特殊なセット糊で上用紙・中用紙・下用紙がお互いに貼りつくようになります。

そこへ、複写と関係ない上質紙をつける際には、複写セットと上質紙がくっ付き合うようにするため、さらにボンド糊を施します。

これで、複写セット+上質紙の1組がきれいに仕上がるかというと、そうはならないのですね。

これですと、紙の重なりがすべて団子状態になってしまうのです。

 

その団子状態を回避し、1組ずつにさばけるようにするには、印刷の段階で「セパレート」という〝魔法″をかける必要があります。

組で別れるべき1番上(または下)の紙に、幅3mmほどで細く透明インキを刷り込みます。

これがいわゆる「ロウ」の役目をし、糊で団子になるのを防ぐという仕事をします。

(仕上がり品には、透明で目立たないですが糊の辺側に細く光るラインが認められます。)

 

こうした「表紙」が付きますと、複写用感圧紙の保護にもなり、保管性が向上しますし、格調のある趣です。

あるいは、複写の1番下の紙と、底につけた説明書とを一緒にお客様にお渡しできるように工夫された契約書等もあります。

 

こうしたリクエストにもお答えできますので、いろいろな技法や紙の特徴についてドンドンご紹介していきたいと思います。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

1番上の紙は複写しない「上質紙」で1組に対する表紙になっています

ページトップへ

5枚複写の発色を検証 実例ご紹介  e伝票.com

5枚組で使用すると、下までちゃんと発色する? そんなご不安への「実験」結果ご紹介です

2016年8月1日 月曜日

久々の更新です。よろしくお願いします。

 

今日は、「5枚複写の実情を語る」と申しましょうか、ご不安解消のために1例を。

 

「5枚も重ねて書いたら、下までちゃんと写らないのでは?」とご不安な場合もあるかと思います。

ひいては、「実際に購入してみて、思うように使えなかったら困るな」「紙サンプルを取り寄せてみようか・・・」と、多くのお悩み・お手数をおかけすることにもなりかねません。

 

そこで、せっかくなのでこのスペースをお借りして、5枚複写の実例サンプルを使って書き込みをした紙面をご紹介します。

 

掲載画面は、5枚目(ノーカーボン40・下用紙)に反映された様子です。

この5枚複写セットは、5枚ともノーカーボン40白を使用しています。

1段目「小倉印刷」はHB鉛筆
?2
段目「姫路市花田町」は油性ゲルインキボールペン

3段目「079-252-6375」はペン先の堅いボールペンで

筆圧はやや軽めに 書いてみました。

 

ご覧のとおり、ペン先の堅い筆記具で記入するほうが、発色は鮮明になります。

5枚複写ともなると、少々強めに書き込んでいただく傾向にありますので、実際にはもう少ししっかりと筆圧がかかり、発色もよいと思われます。

当然これより上の用紙については、十分な発色で判読も容易です。

 

なお、ノーカーボン紙の発色は、書いた直後は薄く感じられますが、5分程度経つと鮮明になります。また、書いた後に5分そのままにしておく必要はなく、書いてすぐに各用紙を外していただいてOKです。

 

これからも機会を設けて、素材や事例をご紹介していきます。

伝票に関して「?」と思われることがありましたら、ドンドンご意見をお寄せください。

お寄せいただいた情報を最優先にご紹介するとともに、ご提案くださった方【ブログ紹介時には個人を特定する情報は掲載いたしません】に当社オリジナルメモを差し上げます!

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

発色度の比較 上からHB鉛筆、油性ゲルインキボールペン。硬質ボールペンで筆記

ページトップへ

3つ子の伝票 一度に3種 ナンバーも区分けした伝票|e伝票.

ナンバーのサイズから帯部分のデザインを考慮した預り証

2016年3月29日 火曜日

ナンバー入り伝票のバリエーションをご紹介します。
 
3点同時にご注文で、番号の振り分けも100001~、300001~、500001~ の3種類。
内容別に紙色も替え、1目で識別できる「3つ子ちゃん」が生まれました。
 
ナンバーの入る帯部分は、初めのデザインではもう少し細かったのですが、数字がバランスよく収まるよう、天地の幅を6mmに設定するようご提案いたしました。
 
当社の数字ユニットのサイズに領域を合わせていただく制約はありますが、印刷機にセットできるナンバーであれば、1工程で印刷・ナンバリングが進められるというメリットを生かし、リーズナブルにお客様にお渡しできます。
 
ナンバーは、当然1件につき1個割り当てられた数字ですので、増刷の際は続き番号からご用意できます。それというのも、当社では各商品ごとにオリジナルの管理番号を設け、作成実績を印刷データとともに保管しているからです。ですから「リピート」印刷もお手の物。
3種一度にご注文いただいたものも、印刷内容が異なればすべて管理番号が違いますので、1種類だけが早く減って再ご注文をいただく際にも、追跡・検索してそのまま印刷工程に回せます。こうして、お客様も当社も、手間を省いて効率よく作業が進められます。
 
伝票を通じて、お客様の日常業務がはかどり、スムーズな運営をお手伝いできますよう、私どもe伝票.comをお役立ていただければ幸甚です。
今後ともe伝票.comをよろしくお願い申し上げます。
 
複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ナンバー、ナンバリング
・3月8日付 制作実績「ナンバリングのあれこれ」

3種類に3色のカラーカーボン紙を使用 ナンバーの区別も頭の桁で明確

ページトップへ

傷んだ伝票の穴埋め作成 復刻版もお任せを|e伝票.com

変則的な番号や、続き番号からの伝票作成も可能です

2016年3月28日 月曜日

現在お使いの伝票をコピーし、FAXでご入稿いただいたM様。
傷んでしまった領収証の穴埋めに4冊必要とのことです。必要とする番号の範囲も096941~097140と、少し変則的な数字。
 
ナンバーの位置は左上・右上の場合が多いのですが、ナンバーの位置も開始番号も、お客様のご希望どおりにお入れします。
でも大丈夫。開始番号さえお聞きできれば、何番からでもご用意できます。
 
FAX原稿から描き起こし、ロゴも再現して、無事「復刻」を果たした領収証。ロゴ入りのオリジナル領収証は、市販の領収証では補いきれない大切な存在です。
このように、どうしても欠かすことのできない伝票類を復活させることも可能です。
 
 ご入用の冊数分だけ、ご入用の番号からご用意できるのも、オリジナル複写伝票の便利なところ。「これがないと困る」というときには、ぜひ当社へお問い合わせくださいね。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~ナンバー
3月8日付 制作実績「ナンバリングのあれこれ」

開始ナンバーもご指定で 傷んだ伝票の穴埋め作成

ページトップへ

仕上げサイズに関連する余白の必要~綴じ・穴~|e伝票.com

仕上げサイズには「綴じしろ」や「穴あけ」の余白を考慮すればスムーズです!

2016年3月15日 火曜日

A5やB6といった、規格サイズの領収証、納品書などをご注文いただく場合に、ご注意いただきたい点をご紹介します。
 
データをご入稿いただき、当社で開いてみますと、とてもきれいにレイアウトされているお客様も多くなりました。デザイン会社や広告代理店など、お仕事でイラストレータを使っていらっしゃる方からのご入稿は、仕上げ断ち用の「トンボ(イラストレータでは「トリムマーク」)」と呼ばれるL字型を重ねたような記号も入り、とても本格的です。
 
 ただ1点、「針金綴じ製本」をご選択の場合、気を付けていただきたいのが、「綴じ代」の余白です。
 
 「針金綴じ製本」は、複写のセットを50組で1冊にまとめ、1辺を綴じますので、必要分が切り離せるように、綴じの根本近くにミシンを入れる加工が必須です。この綴じ代(ミシンしろ)は、12~13mm程度を確保する必要があります。ミシンしろが浅いと、冊の底に近くなるにつれ、ミシンが届きにくくなり、切るのに難が生じがちです。
 
 A5,B6の規格サイズでの仕上がりにバッチリ収まったレイアウトですと、綴じ代分の長さをさらに12㎜伸ばした場合、印刷用紙のサイズが見積もりの設定より一回り大きくなり、差額が生じることにもつながります。
 あるいは、規格サイズに収まるようにレイアウトを整えるため、印刷内容を変形・縮小させて、余白を確保する方法もあります。
 
 せっかくお作り頂いたデータに対し、綴じ代や穴余白の件をお伝えして、サイズやレイアウト変更を余儀なくされるお客様を思いますと、この機にご理解をいただけたらと存じます。
 
 また、穴あけの余白についても、関連記事をご覧いただければ光栄です。
 
複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!


~関連記事~サイズのあれこれ
3月7日付 制作実績「穴へのこだわり」
3月1日付 制作実績「サイズも自由にのびのびと決めましょう」
2月16日付 制作実績「仕上げサイズのお話」

ページトップへ

【全157件 5/32ページ目 5件表示しています。】

前のページへ123456789...次のページへ