本文へジャンプ

制作事例

複写伝票の「発色」を詳しくご紹介 |e伝票.com

ノーカーボンの発色 青と黒 違いと特徴をご確認ください

2016年10月5日 水曜日

「紙の色」「印刷の色」というと、普段は印刷と無縁の方でも、何を意味するかはお分かりだと思います。
ところが、「発色」という表現になると、ご説明が必要なことがあります。
 
複写用感圧紙(ノーカーボン)は、上用紙・(複写枚数が多いときは間に中用紙)・下用紙を重ねて上から書くと、下に続く紙が筆圧により反応して発色します。この「発色の色」は、「青」が主流ですが、まれに「黒」の場合もあります。
 
「黒」は市場でも稀な方で、マーケティングが小さいためもあってか、紙そのものが割高です。(特別な事情がない限り、発色が青で事足りるなら、高い紙にしなくてもいいという心理が働くのでしょうか・・・。黒発色の需要が少ないのは。)
 
「黒発色」の紙は、上用紙・中用紙の白紙のみ・厚みは#30と#40のみと種類も限られます。
「発色」は、上に重ねている紙の裏面に塗布された発色基剤によって決まるので、写真事例のような
上用紙・黒発色=紙の色:白のみ
中用紙=紙色:カラー
下用紙=紙色:白
となった3枚複写は、中用紙が「黒」で発色、下用紙が「青」で発色するのです。

(ノーカーボン紙の発色の仕組みにつて、詳しくはHPの「お役立ち情報」をご覧ください。)

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

左から 上用紙(白)に筆記、中用紙(クリーム)が黒発色、下用紙(白)が青発色の事例

ページトップへ

複写用感圧紙はシールタイプも活躍します|e伝票.com

裏面がシールの複写伝票

2016年9月26日 月曜日

本日のご紹介品は、3枚複写B6横型の「廃棄依頼票」です。
3枚目の裏面がシールになっており、3枚目の裏面をめくって、廃棄書類の段ボール箱に貼り付けられる仕様です。
他にも、医療機関での検体ラベルや修理品受付票など、特定の1つの個体が多くの人の手を通る場合によく使われています。

タックシールタイプの感圧紙は、下用紙#50白と#80白の2種類。通常、私どもが標準としている#40感圧紙よりも厚めです。もちろん、普通の感圧紙と同様の印刷・製本が可能です。

今回の商品は、紙面の中心に縦1本スリットが入っているので、真ん中で割って剥離紙をめくりやすいという点も特長の一つです。
 
こういった、ホームページ上で掲載しきれない特殊な例も、長年のお付き合いの中で商品化の機会を得、このように皆さまにご紹介させていただくことができます。
 
「紙」と「版」と「インキ」のバリエーションは種類も多く、伝票印刷の世界も幅広く、奥深いものがあります。ホームページ上のご紹介範囲では実現しない仕様でも、あきらめずにお問い合わせください。
あなたの「こんなことできる?」の一言が、新しい世界を作り出すかもしれませんよ。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

3枚複写のB6型伝票 右上には大きいサイズのナンバー入り

裏からの撮影 中心にスリット1本入りのシールです

ページトップへ

糊付け位置は指定できるの?|e伝票.com

糊止めの方向を指定したい・・・ オリジナル伝票なら左利き用も作れる!

2016年9月6日 火曜日

ご覧いただくご紹介事例は、A4縦型の長辺に糊付けしたパターンです。糊付けされた長辺で開いた根元に割り印をする仕様です。

 

大抵は、上側の短辺を糊付けするのが一般的ですが、「オリジナル複写伝票」なら、お使いになる方式に合わせて、ご指示のとおりに仕上げます。

 

たとえば、「左利きなので、左手で書いて、右手でめくり取りたいので、右に糊を」とご指示いただければ、右の辺に糊付けします。


極端なことを言えば、「50冊のうち、5冊だけを右糊で」なんていうこともできちゃいます!
(ただし、紙面上のレイアウトは左右どちらの糊付けでもバランスの良いように、センター配置にするなどの工夫が必要な場合がありますので、都度ご提案いたします。)

 

「誰がどんな使い方をするのか」に合わせて、様々なご希望にお応えできるのが、「オリジナル複写伝票」の利点です。

 

ネット(またはメールやFAX等)からご注文後、印刷用データのご入稿について確認し、仕上がりに際して留意するべきご希望点を反映させて作成に取り掛かりますので、御社ならではの伝票・帳票を実現するために、どうぞご遠慮なく、ご意向をお聞かせください。

そして、お納めした伝票たちが、お客様のお手元で大切にお使いいただければ、私どもe伝票.comスタッフにとりましても、これほど嬉しいことはありません。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

上(天)側でなく左側で糊止めした、2枚複写の注文書

ページトップへ

紙の長さが違う3枚セットの伝票|e伝票.com

複写の1組の中に長さ違いの紙が挟まる伝票

2016年8月30日 火曜日

写真の複写伝票は、中古車販売店様の納車書です。

1枚目と3枚目はB5サイズ、中に挟まった2枚目はB6サイズ。左端の辺で糊留めしています。

紙の1辺でそろえたときに裾の長さが違うものは、製本作業にひと工夫が必要なので、

通常の「3枚複写・B5」というカテゴリよりも制約が多く、見積額が変動することもあります。

 

たいていのお客様は「ちょっと普通と違うのだけれど、こんなのもできる?」と、事前にお問い合わせくださいます。ありがとうございます。

 

「今使っている通りにしたいが、同じものを作ってくれるところが見つからない」

「こんな風に作り替えたい!とは思うけれど、そんな伝票見たことないし、頼めるかな・・・」

 

もし、そのようなご不便やご不安がおありでしたら、どんなことでもまずは私どもe伝票.comにご相談ください。見積だけでもご遠慮なく!

 

皆様のお声が、アイデアや技術を生み、私どもも勉強になり、力になります。そうした実績が、ご提案への推進力となり、このようなご紹介事例となって、皆様へお返しできます。

(もちろん、一つ一つ違う伝票をお作りするわけですから、どれも一つ一つが実績の積み重ねなのは言うまでもありません。)

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

3枚のうち中の紙だけ半分のサイズです

ページトップへ

罫線の表現 適切な太さと濃さでご提案します|e伝票.com

線の太さや色の濃さを見やすく表現するには?

2016年8月23日 火曜日

今回のご紹介事例は、方眼の枡目が印刷された打合せ用紙です。

どちらも、オプションで2色目の印刷を施しています。

水色の方眼マスは、太さが0.3㎜の点線で、印刷濃度はシアン30%を用いました。

赤色の方眼マスは、0.25㎜の実線で、刷り色の濃度は赤40%です。

 

線が細すぎたり(一般的には0.25㎜以下)、さらに薄めの刷り色で、しかも点線となりますと、印刷で再現された実際の紙面上は、まっすぐな線に見えないくらいのガタガタ・切れ切れに思われたり、印刷してあるのが判別できないほどの薄さになってしまったり、という恐れもあるのです。
 

また逆に、太すぎますと、必要な文字が目立たない、文字と線が接近して見え、読みづらい、といった弊害がある場合も。

 

そういった残念な結果にならないよう、私どもはお預かりした原稿データを確認し、線の色や太さ・濃さを、程よく見えるレベルに書き換えてご提示します。

 

「エクセルで枠線を引くと、選択の幅がなくて罫線がうまく表現できない・・・」

「このまま印刷したら線が太すぎ? 細すぎ? 仕上がり感がよくわからない・・・」

 

そんな不安や、修正したいご希望にきちんとお応えし、最適な印刷物をお作りするのが、われらe伝票.comスタッフたちです。

 

どうぞ、御社で日々お使いになるツールが、誰にでも使いやすい、分かりやすい仕上がりになりますよう、お手伝いさせてください。

複写伝票の印刷はe伝票.comにお任せください!

A4の紙面に方眼マスを入れた記録用紙 2例

淡い水色・点線の6㎜マス方眼

淡い赤色・実線の5㎜マス方眼

ページトップへ

【全157件 4/32ページ目 5件表示しています。】

前のページへ12345678...次のページへ